この変更ログは Power BI Report Server 用です。リリースされた各ビルドの新しい項目とバグの修正が一覧表示されます。

新機能の詳細については、「Power BI レポート サーバーの新機能」を参照してください。

2017 年 10 月

  • Power BI Report Server
    • バージョン 1.1.6513.3500 (ビルド 14.0.600.433)、リリース日: 2017 年 10 月 31 日
      • 機能
        • 埋め込みデータ モデルのサポート
        • Excel ブックの表示 (Office Online Server の統合が有効になっている場合)
        • スケジュールされたデータ更新 (PBIX)
        • 直接クエリのサポート
        • 大きいファイルのサポート (最大 2 GB)
        • パブリック REST API
          • Power BI Desktop での共有データセットのサポート (oData を使用)
        • PBIX ファイルの URL パラメーターのサポート
        • アクセシビリティの機能強化
  • Power BI Desktop (Power BI Report Server 用に最適化)
    • バージョン: 2.51.4885.1041 (2017 年 10 月)、リリース: 2017 年 10 月 31 日
      • Power BI Report Server (2017 年 10 月) との接続に必要な変更が含まれます ## 2017 年 6 月
  • Power BI Report Server

    • ビルド 14.0.600.305、リリース日: 2017 年 9 月 19 日
    • ビルド 14.0.600.301、リリース日: 2017 年 7 月 11 日
      • バグの修正
        • {{UserId}} タグが、Power BI レポートでレポートを実行しているユーザーではなく、保存されている資格情報に解決されます
        • 一部の画像を Power BI レポート サーバー レポートでレンダリングできません
        • Power BI レポート サーバーで Power BI レポートの名前を変更できません
        • Power BI モバイル アプリケーションでカスタム ビジュアルを読み込むことができません (モバイル アプリを再インストールしてローカル キャッシュをクリアする必要があります)
    • ビルド 14.0.600.271、リリース日: 2017 年 6 月 12 日
      • Power BI レポート サーバーの初回リリース

次の手順

ユーザー向けハンドブック
管理者向けハンドブック
クイックスタート: Power BI レポート サーバーをインストールする
レポート ビルダーをインストールする
SQL Server Data Tools (SSDT) のダウンロード

他にわからないことがある場合は、 Power BI コミュニティで質問してみてください