Power BI レポートは、さまざまなデータ ソースに接続できます。 データの使い方に応じて、異なるデータ ソースを利用できます。 データをインポートすること、または DirectQuery を使うか SQL Server Analysis Services へのライブ接続を使ってデータのクエリを直接行うことができます。

これらのデータ ソースは、Power BI Report Server 内で使われている Power BI レポートに固有のものです。 ページ分割されたレポートでサポートされるデータ ソースについては、「Reporting Services でサポートされるデータ ソース (SSRS)」をご覧ください。

重要:

スケジュールされた更新を構成するには、Power BI Desktop レポートのすべてのデータ ソースがサポートされている必要があります。

サポートされているデータ ソースの一覧

サポート対象の一覧に記載されていない他のデータ ソースであっても、動作する可能性があります。

データ ソース キャッシュされたデータ スケジュールされた更新 Live/DirectQuery
SQL Server データベース はい はい はい
SQL Server Analysis Services はい はい はい
Azure SQL Database はい はい はい
Azure SQL Data Warehouse はい はい はい
Excel はい はい いいえ
Access データベース はい はい いいえ
Active Directory はい はい いいえ
Amazon Redshift はい いいえ いいえ
Azure BLOB ストレージ はい はい いいえ
Azure Data Lake Store はい いいえ いいえ
Azure HDInsight (HDFS) はい はい いいえ
Azure HDInsight (Spark) はい はい いいえ
Azure テーブル ストレージ はい はい いいえ
Dynamics 365 (オンライン) はい いいえ いいえ
Facebook はい いいえ いいえ
フォルダー はい はい いいえ
Google アナリティクス はい いいえ いいえ
Hadoop ファイル (HDFS) はい いいえ いいえ
IBM DB2 データベース はい はい いいえ
Impala はい いいえ いいえ
JSON はい はい いいえ
Microsoft Exchange はい いいえ いいえ
Microsoft Exchange Online はい いいえ いいえ
MySQL データベース はい はい いいえ
OData フィード はい はい いいえ
ODBC はい はい いいえ
OLE DB はい はい いいえ
Oracle データベース はい はい はい
PostgreSQL データベース はい はい いいえ
Power BI サービス いいえ いいえ いいえ
R スクリプト はい いいえ いいえ
Salesforce オブジェクト はい いいえ いいえ
Salesforce レポート はい いいえ いいえ
SAP Business Warehouse サーバー はい はい はい
SAP HANA データベース はい はい はい
SharePoint フォルダー (オンプレミス) はい はい いいえ
SharePoint リスト (オンプレミス) はい はい いいえ
SharePoint Online リスト はい いいえ いいえ
Snowflake はい いいえ いいえ
Sybase データベース はい はい いいえ
Teradata データベース はい はい はい
TEXT/CSV はい はい いいえ
Web はい はい いいえ
XML はい はい いいえ
appFigures (Beta) はい いいえ いいえ
Azure Analysis Services データベース (ベータ版) はい いいえ いいえ
Azure Cosmos DB (ベータ版) はい いいえ いいえ
Azure HDInsight Spark (Beta) はい いいえ いいえ
Common Data Service (Beta) はい いいえ いいえ
comScore Digital Analytix (Beta) はい いいえ いいえ
Dynamics 365 for Customer Insights (ベータ) はい いいえ いいえ
Dynamics 365 for Financials (Beta) はい いいえ いいえ
GitHub (Beta) はい いいえ いいえ
Google BigQuery (ベータ版) はい いいえ いいえ
IBM Informix データベース (Beta) はい いいえ いいえ
IBM Netezza (ベータ) はい いいえ いいえ
Kusto (Beta) はい いいえ いいえ
MailChimp (Beta) はい いいえ いいえ
Microsoft Azure Consumption Insights (Beta) はい いいえ いいえ
Mixpanel (Beta) はい いいえ いいえ
Planview Enterprise (Beta) はい いいえ いいえ
Projectplace (Beta) はい いいえ いいえ
QuickBooks Online (Beta) はい いいえ いいえ
Smartsheet はい いいえ いいえ
Spark (Beta) はい いいえ いいえ
SparkPost (Beta) はい いいえ いいえ
SQL Sentry はい いいえ いいえ
Stripe (Beta) はい いいえ いいえ
SweetIQ (Beta) はい いいえ いいえ
Troux (Beta) はい いいえ いいえ
Twilio (Beta) はい いいえ いいえ
tyGraph (Beta) はい いいえ いいえ
Vertica (Beta) はい いいえ いいえ
Visual Studio Team Services (Beta) はい いいえ いいえ
Webtrends (Beta) はい いいえ いいえ
Zendesk (Beta) はい いいえ いいえ
重要:

環境内で Kerberos が正しく構成されている場合は、データ ソースで構成されている行レベルのセキュリティが、特定の DirectQuery (SQL Server、Azure SQL Database、Oracle、Teradata) およびライブ接続に対して機能します。

次の手順

データ ソースを選んだ後は、そのデータ ソースからのデータを使ってレポートを作成します。

他にわからないことがある場合は、 Power BI コミュニティで質問してみてください