進行状況を追跡し、最新情報を取得する

[進捗の追跡] をクリックすると、Power BI 学習リソースの更新内容を電子メールで送ることを Microsoft に承諾することになります。購読はいつでも中止できます。

×

素晴らしい! 最初のトピックを終了しました。

電子メール アドレスを入力して、進行状況を追跡したり、Power BI の新しい学習コンテンツについての最新情報を取得したりします。

[進捗の追跡] をクリックすると、Power BI 学習リソースの更新内容を電子メールで送ることを Microsoft に承諾することになります。購読はいつでも中止できます。

×

ありがとうございました!

ガイド付き学習を進めていくにつれ、完了済みのトピックの隣に緑のチェックマークが表示されます。

×

基礎の学習が完了しました。

概要が完了したので、次は詳細を見ていきます。

モデリング

次のトピック

データ リレーションシップを管理する方法

続行

もう一度見る

Power BI のガイド付き学習コースの「モデリング」セクションへようこそ。 このセクションでは、Power BI Desktop を使用して、データの使用に備えて接続する方法について説明します。 多くの場合、複数のデータ ソースに接続してレポートを作成するため、それらのデータがすべて連動する必要があります。 この操作を行う方法がモデリングです。

さまざまなデータ ソース間の論理接続を作成するには、リレーションシップを作成します。 データ ソース間のリレーションシップにより、それらのテーブル間の関係がどのようになっているかを Power BI が認識するため、興味深いビジュアルとレポートを作成できます。 このセクションでは、リレーションシップ (データを中心とするリレーションシップのみですが) について説明し、さらにリレーションシップが存在しない場合の作成方法も示します。

いつものように、このコースでは、Power BI での作業の流れと同じ順序に従って一連の学習を行います。 このセクションの大部分は Power BI Desktop についてですが、ここで完了した作業は、Power BI サービスでの作業にも直接影響します。

データのモデリングの概要

データをインポートして変換する方法の確認は以上ですので、モデリングを開始しましょう。

Power BI の強みの 1 つは、単一のテーブルにデータをフラット化する必要がないことです。 代わりに、複数のソースから複数のテーブルを使用し、それらの間でリレーションシップを定義できます。 また、モデリングが容易になるように、独自のカスタム計算式を作成し、新しいメトリックを割り当ててデータの特定部分を表示し、これらの新しいメジャーを視覚エフェクトに使用することもできます。

Request demo