進行状況を追跡し、最新情報を取得する

[進捗の追跡] をクリックすると、Power BI 学習リソースの更新内容を電子メールで送ることを Microsoft に承諾することになります。購読はいつでも中止できます。

×

素晴らしい! 最初のトピックを終了しました。

電子メール アドレスを入力して、進行状況を追跡したり、Power BI の新しい学習コンテンツについての最新情報を取得したりします。

[進捗の追跡] をクリックすると、Power BI 学習リソースの更新内容を電子メールで送ることを Microsoft に承諾することになります。購読はいつでも中止できます。

×

ありがとうございました!

ガイド付き学習を進めていくにつれ、完了済みのトピックの隣に緑のチェックマークが表示されます。

×

基礎の学習が完了しました。

概要が完了したので、次は詳細を見ていきます。

より適切なビジュアルを作成するためのデータ モデルの最適化

次のトピック

メジャーを作成して時間ベースの関数を操作する

続行

もう一度見る

インポートしたデータには、余分な情報や既に別の列で利用できるデータなど、実際のレポート タスクや視覚化タスクには不要なフィールドが含まれていることがよくあります。 Power BI Desktop には、データを最適化するためのツールが用意されています。データを最適化することで、レポートやビジュアルを作成したり、共有レポートを表示したりするうえでの有用性が高まります。

フィールドを非表示にする

Power BI Desktop の [フィールド] ウィンドウで列を非表示にするには、列を右クリックし、[非表示] を選択します。 非表示にした列は削除されるわけではありません。このフィールドを既存の視覚エフェクトで使用している場合、データはそのビジュアルに存在したままになります。また、他の視覚エフェクトでそのデータを使用することもできます。非表示のフィールドは、[フィールド] ウィンドウに表示されないだけです。

リレーションシップ ビューでテーブルを表示した場合、非表示のフィールドは淡色で示されます。繰り返しますが、データはこの状態でも利用でき、モデルに属しています。これらのデータは単に表示されていないだけです。 非表示のフィールドは、いつでも再表示できます。そのためには、フィールドを右クリックし、[unhide (再表示)] を選択します。

別のフィールドによる視覚化データの並べ替え

[モデリング] タブに用意されている [列で並べ替え] ツールを使用すると、指定した順序でデータを表示できます。

一般的な例として、月の名前を含むデータは既定でアルファベット順に並べ替えられるため、"August" は "February" の前に来ます。

この場合、[フィールド] の一覧でフィールドを選択し、[モデリング] タブの [列で並べ替え]、並べ替えるフィールドの順に選択することで、問題を解決できます。 このケースでは、"MonthNo" カテゴリ並べ替えオプションを選択すると、意図したとおりに月が並べ替えられます。

別の方法として、フィールドのデータ型を設定して、情報が適切に処理されるように最適化できます。 レポート キャンバスからデータ型を変更するには、[フィールド] ウィンドウで列を選択し、[Format (書式)] ボックスの一覧でいずれかの書式設定オプションを選択します。 作成済みの、このフィールドを表示するすべてのビジュアルが自動的に更新されます。

Request demo