進行状況を追跡し、最新情報を取得する

[進捗の追跡] をクリックすると、Power BI 学習リソースの更新内容を電子メールで送ることを Microsoft に承諾することになります。購読はいつでも中止できます。

×

素晴らしい! 最初のトピックを終了しました。

電子メール アドレスを入力して、進行状況を追跡したり、Power BI の新しい学習コンテンツについての最新情報を取得したりします。

[進捗の追跡] をクリックすると、Power BI 学習リソースの更新内容を電子メールで送ることを Microsoft に承諾することになります。購読はいつでも中止できます。

×

ありがとうございました!

ガイド付き学習を進めていくにつれ、完了済みのトピックの隣に緑のチェックマークが表示されます。

×

基礎の学習が完了しました。

概要が完了したので、次は詳細を見ていきます。

メジャーを作成して時間ベースの関数を操作する

次のトピック

計算テーブルの作成

続行

もう一度見る

メジャー は、Power BI のデータ モデルに存在する計算式です。 メジャーを作成するには、[レポート] ビューで [モデリング] タブから [新しいメジャー] をクリックします。

DAX の優れた機能の 1 つが Power BI の Data Analysis Expression 言語ですが、この言語には、特に [年度累計][前年比] などの時間ベースの計算式を中心とする、たくさんの便利な関数があります。 DAX で一度時刻のメジャーを定義すると、そのメジャーをデータ モデルから必要な数のフィールドにスライスできます。

Power BI では、定義された計算式を メジャー といいます。 メジャー を作成するには、[ホーム] タブから [新しいメジャー] をクリックします。これにより数式バーが開きます。このバーにメジャーを定義する DAX 式を入力できます。 計算式を入力すると、関連する DAX 関数とデータ フィールドの候補が Power BI に表示されます。また、いくつかの構文と関数のパラメーターを説明するツールヒントを取得することもできます。

計算式が特に長い場合は、式エディターで ALT + Enter キーを押して改行をさらに追加できます。

新しいメジャーを作成すると、画面の右側にある [フィールド] ウィンドウで、テーブルの 1 つにそのメジャーが表示されます。 Power BI は現在選択しているテーブルに新しいメジャーを挿入します。このとき、メジャーがデータのどの位置にあるかは厳密に問題ではなく、メジャーを選択して [ホーム テーブル] ドロップダウン メニューを使用すれば簡単に移動できます。

メジャーの使用方法は他のテーブル列と同様で、レポート キャンバスまたは視覚エフェクトのフィールドにドラッグ アンド ドロップできます。 またメジャーは、スライサーとシームレスに統合してその場でデータをセグメント化できます。つまり、一度メジャーを定義すれば、さまざまな視覚エフェクトに使用できます。

Calculate DAX 関数は強力な関数で、あらゆる種類の便利な計算が可能になります。特に、財務報告やビジュアルに便利です。

Request demo