進行状況を追跡し、最新情報を取得する

[進捗の追跡] をクリックすると、Power BI 学習リソースの更新内容を電子メールで送ることを Microsoft に承諾することになります。購読はいつでも中止できます。

×

素晴らしい! 最初のトピックを終了しました。

電子メール アドレスを入力して、進行状況を追跡したり、Power BI の新しい学習コンテンツについての最新情報を取得したりします。

[進捗の追跡] をクリックすると、Power BI 学習リソースの更新内容を電子メールで送ることを Microsoft に承諾することになります。購読はいつでも中止できます。

×

ありがとうございました!

ガイド付き学習を進めていくにつれ、完了済みのトピックの隣に緑のチェックマークが表示されます。

×

基礎の学習が完了しました。

概要が完了したので、次は詳細を見ていきます。

時間ベースのデータの探索

次のトピック

視覚エフェクト

続行

もう一度見る

Power BI では、時間ベースのデータを簡単に分析できます。 Power BI Desktop のモデリング ツールでは生成されたフィールドが自動的に取り込まれるため、1 回クリックするだけで、年、四半期、月、および日にドリルダウンできます。

日付フィールドを使用してレポートにテーブル視覚エフェクトを作成すると、Power BI Desktop によって期間別の分類が自動的に追加されます。 たとえば、日付テーブル内の 1 つの日付フィールドが、Power BI によって、次の図に示すように、年、四半期、月、日に自動的に分類されます。

視覚エフェクトではデータは既定で レベルで表示されますが、ビジュアルの右上隅の [ドリルダウン] をオンにすることでこれを変更できます。

グラフの棒または線をクリックすると、時間階層の次のレベルまでドリルダウンします (たとえば、 から 四半期 )。 この操作を繰り返すことで、階層の最小レベルまでドリルダウンできます (この例では、)。 時間階層の上のレベルに戻るには、ビジュアルの左上隅にある [Drill Up (ドリル アップ)] をクリックします。

選択した 1 つの期間ではなく、ビジュアルに表示されているすべてのデータにドリルダウンすることもできます。そのためには、ビジュアルの右上隅にある、二重の矢印で示された [Drill All (すべてドリル)] アイコンを使用します。

Power BI では、モデルに日付フィールドがあると時間階層ごとに異なるビューが自動的に生成されます。

日付階層を使わずに個別の日付に戻るには、[フィールド] ウェルで列の名前を右クリックし (次の図では、列の名前は InvoiceDate です)、表示されるメニューから [日付の階層] ではなく列名を選びます。 ビジュアルには、日付階層を使わずに、その列のデータに基づくデータが表示されます。 日付階層を使うように戻したい場合は、 再び右クリックして [日付の階層] を選ぶだけです。

次の手順

お疲れ様でした。 Power BI のガイド付き学習コースのこのセクションが完了しました。 データの モデリング について理解したところで、次の「Visualizations (視覚エフェクト)」セクションに進みましょう。

前述のとおり、このコースでは、Power BI の一般的なワークフローに従って、次の知識を習得します。

  • Power BI Desktop にデータを取り込み、レポートを作成します。
  • Power BI サービスに発行し、そこで新しい視覚エフェクトを作成したりダッシュボードを構築します。
  • 他のユーザー、特に外出中のユーザーとダッシュボードを共有します。
  • 共有したダッシュボードとレポートを、Power BI Mobile アプリで表示して操作します。

これらの作業をすべて自分で行うとは限りませんが、ダッシュボードの作成方法やデータへの接続方法について*理解*できます。また、このコースを修了すると、独自のダッシュボードを作成できるようになります。

次のセクションを参照してください。

Request demo