進行状況を追跡し、最新情報を取得する

[進捗の追跡] をクリックすると、Power BI 学習リソースの更新内容を電子メールで送ることを Microsoft に承諾することになります。購読はいつでも中止できます。

×

素晴らしい! 最初のトピックを終了しました。

電子メール アドレスを入力して、進行状況を追跡したり、Power BI の新しい学習コンテンツについての最新情報を取得したりします。

[進捗の追跡] をクリックすると、Power BI 学習リソースの更新内容を電子メールで送ることを Microsoft に承諾することになります。購読はいつでも中止できます。

×

ありがとうございました!

ガイド付き学習を進めていくにつれ、完了済みのトピックの隣に緑のチェックマークが表示されます。

×

基礎の学習が完了しました。

概要が完了したので、次は詳細を見ていきます。

スライサーの作成および書式化

次のトピック

マップ視覚エフェクトの使用方法

続行

もう一度見る

スライサーは、最も強力なタイプの視覚エフェクトの 1 つで、特にビジー レポートでよく使用されます。 Power BI Desktopスライサーは、レポートを見るだれもが特定の値 (年や地理的場所など) でデータをセグメント化できるようにする、キャンバス上の視覚フィルターです。

レポートにスライサーを追加するには、[Visualizations (視覚化)] ウィンドウから [スライサー] を選択します。

スライスするフィールドをドラッグしてスライサー プレースホルダーにドロップします。 視覚エフェクトが、チェック ボックスを持つ要素の一覧に変わります。 これらの要素がフィルターになります。セグメント化する要素の横のチェック ボックスをオンにすると、同じレポート ページ上の他のすべての視覚エフェクトにもこのフィルターが適用されます (選択内容に従って スライス されます)。

スライサーの書式設定用にいくつかのオプションが用意されています。 一度に複数の入力を受け取るように設定できます。また、一度に 1 つずつ使用するように [単一選択] モードを切り替えることもできます。 [すべて選択] オプションをスライサー要素に追加することもできます。これは、特に長いリストがある場合に便利です。 既定の垂直方向から水平方向にスライサーの向きを変更すると、チェックリストではなく選択バーになります。

Request demo