進行状況を追跡し、最新情報を取得する

[進捗の追跡] をクリックすると、Power BI 学習リソースの更新内容を電子メールで送ることを Microsoft に承諾することになります。購読はいつでも中止できます。

×

素晴らしい! 最初のトピックを終了しました。

電子メール アドレスを入力して、進行状況を追跡したり、Power BI の新しい学習コンテンツについての最新情報を取得したりします。

[進捗の追跡] をクリックすると、Power BI 学習リソースの更新内容を電子メールで送ることを Microsoft に承諾することになります。購読はいつでも中止できます。

×

ありがとうございました!

ガイド付き学習を進めていくにつれ、完了済みのトピックの隣に緑のチェックマークが表示されます。

×

基礎の学習が完了しました。

概要が完了したので、次は詳細を見ていきます。

散布図の使用方法

次のトピック

ウォーターフォール グラフとじょうごグラフの使用方法

続行

もう一度見る

売上数量と収益などの 2 つの異なるメジャーを比較する場合、通常は視覚エフェクトとして散布図を使用します。

空のグラフを作成するには、[Visualizations (視覚化)] ウィンドウで [散布図] を選択します。 比較する 2 つのフィールドを [フィールド] ウィンドウから [X 軸] および [Y 軸] のオプション バケットにドラッグ アンド ドロップします。 この時点で、散布図にはビジュアルの中央に小さなバブルがあるのみです。データをセグメント化する方法を示すには、[詳細] バケットにメジャーを追加する必要があります。 たとえば、品目の売上と収益を比較するときに、カテゴリ、製造元、または販売月でデータを分割することが必要になる場合があります。

[凡例] バケットにフィールドを追加すると、フィールドの値に従ってバブルが色分けされます。 [サイズ] バケットにフィールドを追加して、値に従ってバブル サイズを変更することもできます。

散布図についても、数多くのビジュアル書式設定オプションが用意されています。たとえば、色分けされた各バブルのアウトラインをオンにしたり、個々の各ラベルを切り替えたりできます。 同様に、他の種類のグラフでデータの色を変更することもできます。

[再生軸] バケットに時間ベースのフィールドを追加すると、時間の経過に合わせて変化するバブル チャートのアニメーションを作成できます。 アニメーションの再生中にバブルをクリックすると、そのパスのトレースが表示されます。

注: 散布図に表示されているバブルが 1 つのみの場合は Power BI によってデータが集計されています。これは、既定の動作です。 表示されるバブルの数を増やすには、[Visualizations (視覚化)] ウィンドウで [詳細] バケットにカテゴリを追加します。

Request demo