進行状況を追跡し、最新情報を取得する

[進捗の追跡] をクリックすると、Power BI 学習リソースの更新内容を電子メールで送ることを Microsoft に承諾することになります。購読はいつでも中止できます。

×

素晴らしい! 最初のトピックを終了しました。

電子メール アドレスを入力して、進行状況を追跡したり、Power BI の新しい学習コンテンツについての最新情報を取得したりします。

[進捗の追跡] をクリックすると、Power BI 学習リソースの更新内容を電子メールで送ることを Microsoft に承諾することになります。購読はいつでも中止できます。

×

ありがとうございました!

ガイド付き学習を進めていくにつれ、完了済みのトピックの隣に緑のチェックマークが表示されます。

×

基礎の学習が完了しました。

概要が完了したので、次は詳細を見ていきます。

ビジュアルおよびタイルの全画面表示

次のトピック

タイルの詳細を編集する

続行

もう一度見る

サービスの Power BI ダッシュボードまたはレポートを表示する場合、個々のグラフまたは視覚エフェクトに焦点を絞ると便利です。 これは、2 つの異なる方法で実現できます。

ダッシュボード上では、タイル上にポインターを合わせると、その右上隅にいくつかの異なるアイコン オプションが表示されます。 省略記号 (3 つのドット) を選択すると、タイル上で実行できる操作を表すアイコンのコレクションが表示されます。

左端には、[フォーカス モード] というラベルが付いたアイコンがあります。 このアイコンを選択すると、ダッシュボードの全領域を使用するようにタイルが拡張されます。

フォーカス モードを使用すると、ビジュアルと凡例の詳細を表示できます。 たとえば、Power BI のタイルのサイズを変更したときに、タイルで使用可能な領域の制限により、一部の列が表示されなくなる場合があります。

フォーカス モードでは、すべてのデータを表示できます。 また、[ピン留め] アイコンを選択すると、ビジュアルをフォーカス モードから異なるダッシュボードに直接ピン留めすることができます。 フォーカス モードを終了するには、フォーカス モードの画面の右上隅の [戻る] アイコンを選択します。

同様の手順でレポートを表示することができます。 ビジュアルにポインターを合わせると、右上隅に 3 つのアイコンが表示されます。[フォーカス モード] アイコンを選択します。 このアイコンを選択すると、レポート キャンバス全体を使用するように視覚エフェクトが拡大されます。 視覚エフェクトの間のクロスフィルター効果は一時的に失われますが、ビジュアルはこのモードでも対話的に操作できます。

前のビューに戻るには、拡張されたタイルまたはレポートにポインターを合わせ、左上隅の [戻る] 左キャレット アイコンを選択します。

Request demo