進行状況を追跡し、最新情報を取得する

[進捗の追跡] をクリックすると、Power BI 学習リソースの更新内容を電子メールで送ることを Microsoft に承諾することになります。購読はいつでも中止できます。

×

素晴らしい! 最初のトピックを終了しました。

電子メール アドレスを入力して、進行状況を追跡したり、Power BI の新しい学習コンテンツについての最新情報を取得したりします。

[進捗の追跡] をクリックすると、Power BI 学習リソースの更新内容を電子メールで送ることを Microsoft に承諾することになります。購読はいつでも中止できます。

×

ありがとうございました!

ガイド付き学習を進めていくにつれ、完了済みのトピックの隣に緑のチェックマークが表示されます。

×

基礎の学習が完了しました。

概要が完了したので、次は詳細を見ていきます。

Excel のテーブルを Power BI にインポート

次のトピック

データ モデルと Power View シートを持つ Excel ファイルをインポートする

続行

もう一度見る

このトピックでは、簡単なテーブルを含む Excel ブック ファイルをローカル ドライブから Power BI にインポートする方法を最初に説明します。 次に、レポートを作成して、Power BI でそのテーブルのデータ探索を始める方法を説明します。

データがテーブル形式のフォーマットになっていることをご確認ください。

Power BI でブックからデータをインポートするには、そのデータがテーブルとして書式設定されている必要があります。 これは簡単にできます。 Excel で、特定の範囲のセルをハイライト表示し、Excel リボンの [挿入] タブで [テーブル] をクリックします。

各列には適切な名前が付いていることを確認します。 こうすると、Power BI でレポートを作成する際に、必要なデータを見つけやすくなります。

ローカル ドライブからインポート

Power BI では、保存場所に関わらず、ファイルを簡単にインポートできます。 Power BI では、[データの取得] > [ファイル] > [ローカル ファイル] の順に選んで、対象の Excel ファイルを選びます。

Power BI にインポート後、レポートの作成を開始できます。

もちろん、ファイルはローカル ドライブ上にある必要はありません。 ファイルが OneDrive または SharePoint チーム サイトに保存されている場合は、さらに便利です。 詳細については、以降のトピックをご覧ください。

レポート作成の開始

ブックのデータをインポートすると、Power BI でデータセットが作成されます。 [データセット] の下に表示されます。 これでレポートとダッシュボードを作成して、データの探索を開始することができます。 データセットの横にある [メニューを開く] アイコンをクリックして、[Explore] をクリックします。 新しい空のレポート キャンバスが表示されます。 右側の [フィールド] の下にテーブルと列が表示されます。 キャンバスで新しい視覚化を作成するフィールドを選びます。

視覚エフェクトの種類は変更可能です。[Filters][Visualizations] のその他のプロパティを適用することもできます。

Request demo