進行状況を追跡し、最新情報を取得する

[進捗の追跡] をクリックすると、Power BI 学習リソースの更新内容を電子メールで送ることを Microsoft に承諾することになります。購読はいつでも中止できます。

×

素晴らしい! 最初のトピックを終了しました。

電子メール アドレスを入力して、進行状況を追跡したり、Power BI の新しい学習コンテンツについての最新情報を取得したりします。

[進捗の追跡] をクリックすると、Power BI 学習リソースの更新内容を電子メールで送ることを Microsoft に承諾することになります。購読はいつでも中止できます。

×

ありがとうございました!

ガイド付き学習を進めていくにつれ、完了済みのトピックの隣に緑のチェックマークが表示されます。

×

基礎の学習が完了しました。

概要が完了したので、次は詳細を見ていきます。

データ モデルと Power View シートを持つ Excel ファイルをインポートする

次のトピック

OneDrive for Business を Power BI に接続する

続行

もう一度見る

クエリを実行してデータを読み込む Power Query (Excel 2016 では Get & Transform (データの取得と変換) といいます)、強力なデータ モデルを作成する Power Pivot、動的なレポートを作成する Power View などの Excel の高度な BI 機能のいずれかを使用すると、それらを Power BI にインポートすることもできます。

Power Pivot を使用して、複数の関連するテーブル、メジャー、計算列、階層構造などを持つ高度なデータ モデルを作成すると、Power BI ではこれらすべてをインポートすることもできます。

ワークブックに Power View シートがあれば問題ありません。 Power BI では、これらを Power BI の新しいレポートとして再作成します。 直ちにダッシュボードへの視覚エフェクトのピン留めを開始できます。

また、Power BI には優れた機能が 1 つあります。Power Query または Power Pivot を使用して、外部データ ソースに接続する、クエリを実行する、外部データ ソースからデータを読み込む場合、Power BI にワークブックをインポートしたら、スケジュールされた更新を設定できます。 スケジュールされた更新を使用すると、Power BI はワークブックからの接続情報を使用してデータ ソースとクエリに直接接続し、変更されたデータを読み込みます。 また、レポートの視覚エフェクトは自動的に更新されます。

Request demo