進行状況を追跡し、最新情報を取得する

[進捗の追跡] をクリックすると、Power BI 学習リソースの更新内容を電子メールで送ることを Microsoft に承諾することになります。購読はいつでも中止できます。

×

素晴らしい! 最初のトピックを終了しました。

電子メール アドレスを入力して、進行状況を追跡したり、Power BI の新しい学習コンテンツについての最新情報を取得したりします。

[進捗の追跡] をクリックすると、Power BI 学習リソースの更新内容を電子メールで送ることを Microsoft に承諾することになります。購読はいつでも中止できます。

×

ありがとうございました!

ガイド付き学習を進めていくにつれ、完了済みのトピックの隣に緑のチェックマークが表示されます。

×

基礎の学習が完了しました。

概要が完了したので、次は詳細を見ていきます。

OneDrive for Business と Power BI を統合する

次のトピック

Power BI からレポートを Web に公開する

続行

もう一度見る

以前の記事では、Power BI 内のコンテンツで組織が管理とコラボレーションを行うのに役立つ、グループの作成について確認しました。 また、OneDrive for Business を使用することで、コラボレーションと共有のための Power BI と Office365 グループを使用することもできます。

Power BI コンテンツのソースとして OneDrive for Business を使用することで、バージョン履歴などの多数の便利なツールにアクセスできます。 また、OneDrive for Business 内から Office365 グループとファイルを共有してアクセス権を与えることで、多くのユーザーが同じ Power BI または Excel ファイルを操作することもできます。

OneDrive for Business で PBIX (Power BI Desktop) ファイルに接続するには、Power BI サービスにログインして Get Data (データの取得) を選択します。 [データのインポートまたは接続] で [ファイル] を選択してから、[OneDrive - Business] を選択します。 目的のファイルを強調表示して [接続] を選択します。

左側にあるナビゲーション バーにコンテンツが表示されます。

これで、OneDrive for Business でファイルに加えられた変更が自動的に Power BI 環境にも反映され、バージョン履歴に記録されます。

Request demo