進行状況を追跡し、最新情報を取得する

[進捗の追跡] をクリックすると、Power BI 学習リソースの更新内容を電子メールで送ることを Microsoft に承諾することになります。購読はいつでも中止できます。

×

素晴らしい! 最初のトピックを終了しました。

電子メール アドレスを入力して、進行状況を追跡したり、Power BI の新しい学習コンテンツについての最新情報を取得したりします。

[進捗の追跡] をクリックすると、Power BI 学習リソースの更新内容を電子メールで送ることを Microsoft に承諾することになります。購読はいつでも中止できます。

×

ありがとうございました!

ガイド付き学習を進めていくにつれ、完了済みのトピックの隣に緑のチェックマークが表示されます。

×

基礎の学習が完了しました。

概要が完了したので、次は詳細を見ていきます。

DAX 式での変数の使用

次のトピック

テーブル リレーションシップと DAX

続行

もう一度見る

変数の使用は、DAX 式の中でも強力な部分を占めています。

次の構文を使用して、DAX 式の任意の場所で変数を定義できます。

VARNAME = RETURNEDVALUE

変数には、テーブル全体を含む任意のデータ型を指定できます。

DAX 式で変数を参照するたびに、Power BI は定義に従ってその値を再計算する必要があることに注意してください。 このため、関数内で変数を繰り返さないようにすることをお勧めします。

ビデオ コンテンツは、SQLBI 社の Alberto Ferrari 氏のご厚意によるものです。

Request demo