公的機関

公的機関のデータは、さまざまな情報源からオンラインで入手できます。また、これらのデータ ソースのほとんどは無料です。これにより、公共政策が気候から教育、健康などの変化にどのように影響しているかを関連付ける、すばらしい機会が開かれます。

教育

統計に示されるように、特に発展途上国が進展する中で、初等教育への入学が急速に進んでいます。根底にある理由の 1 つとしては、初等教育への入学を優先するミレニアム開発目標が挙げられます。しかし、全世界の 10 人に 1 人の子供がまだ学校に通っておらず、これらの 60% は少女という不均等な割合が見られます。高等教育への進学も増加しましたが、先進国と発展途上国の間に大きな格差があり、世界的に低水準にとどまっています。

GDP との相関関係は一貫していますが、前回の景気後退の影響を一部受けて、教育に配分された GDP の割合がわずかに低下していることは注目に値します。高等教育機関の入学に関しては、性差の縮小を確認できることに勇気づけられます。しかし、上記のように先進国と発展途上国を比較する場合、この図は劇的に変化し、初等教育段階の入学者とは一致しません。


健康

データから見られるように、長年にわたって平均寿命が延びており、これは広く知られるところとなっています。注目すべき点は、女性対男性の平均寿命の差が過去数年間で変わらないということです。国が健康に向けてより多くの資金を配分するにつれて、国の人口がそこから恩恵を受けていることは明らかです。GDP が向上するにつれて出生率が低下していることは注目に値します。


中小企業

ビジネス フレンドリーな環境が作り出されると、新規ビジネスの登録率が上がります。GDP との相関関係は明らかです。中小企業活動のピークが、前回の不況の前にあったことは注目に値します。


気候変動

気候変動は論議の的となるトピックです。データを見ると、既知の変数のいくつかを確認できます。GDP と CO2 排出量の間には、直接の相関関係があります。国の経済が発展するにつれて、CO2 排出量は増加します。この現象は、電力生産の源に依存しません。また、国の人口が増加するにつれて、CO2 排出量も増加します。経済と人口の面でトップの国々のいくつかを比較すると、同様の傾向に気付きます。

データは、平均温度が上昇していることも示しています。温度上昇が安定した傾きではないことに気づくでしょう。すべての投影モデルは、長年にわたる温度上昇を示しています。

御社はカスタム BI ソリューションを必要としていますか。

当社のパートナー ソリューション ショーケースで、各社が Power BI によってどのように問題を解決し、効率性を高めたかをご覧ください。

Request demo