通信

携帯事業を営む携帯電話会社が、Cortana Intelligence Suite および Power BI を利用することにより、事業の利害関係者による顧客チャーンの要因分析を強化する方法を学習します。

携帯電話会社

事業には、顧客チャーンを管理する効率的な戦略が必要です。顧客チャーンには、顧客がサービスの利用を中止すること、競争会社のサービスに切り替えること、より低いサービス エクスペリエンス レベルに切り替えること、サービス契約を減らすことが含まれます。

このユース ケースでは、携帯電話会社が Azure を利用して、近い将来にチャーンしそうな顧客を積極的に識別し、サービスを向上させ、顧客の保持に役立つ顧客支援キャンペーンを作成する方法を見ることができます。携帯電話会社は、競争が極めて激しい市場に直面しています。携帯電話会社の多くは、支払い済みの顧客からの収益をチャーンによって失っています。したがって、顧客チャーンを広い範囲で積極的かつ正確に識別する能力は、競争力を保つ上で大きな利点となります。携帯電話の顧客チャーンの要因には、頻繁に発生するサービス中断の認識、オンラインまたは小売店での顧客サービス エクスペリエンスの低さ、他の競合電話会社からの勧誘 (よりお得な家族プラン、データ プランなど) が含まれます。

携帯電話会社が競争で優位性を保つには、ユーザー ベースの 360 度ビューを構築する必要があります。

御社はカスタム BI ソリューションを必要としていますか。

当社のパートナー ソリューション ショーケースで、各社が Power BI によってどのように問題を解決し、効率性を高めたかをご覧ください。