Microsoft Power BI ロードマップ

当社は、お客様のデジタル改革を可能にする新しい機能を継続的に開発しています。パブリック製品のロードマップでは、次回の更新時に利用可能になる製品をご覧いただけます。

ロードマップの優先事項

セルフサービス BI および エンタープライズ BIのどちらにも適した統合プラットフォーム:

組織が、統一性と拡張性に富み、管理やセキュリティの行き届いたグローバルな BI プラットフォームを作成できるようにします。

ビッグ データを使用したアジャイルかつセルフサービスのデータ準備

ビジネス アナリスト、データ エンジニアおよびデータ サイエンティスト間のコラボレーションと再利用性を容易にします。

広がる AI アプリケーション:

気付きにくい分析情報を自動的に発見して重要な要素を特定できるので、ビジネス ユーザーは本当に重要な点を容易に判断することができます。

ロードマップの詳細およびタイムライン

近日公開の機能は以下のとおりです。このリストでは、ロードマップの優先事項の実行に対する当社のコミットメントを概説しています。次回の重大な更新に対して計画される機能セット全体の詳細については、お問い合わせください。

パブリック プレビュー:

一般的な可用性:

今後 12 か月間
Power BI
機能 可用性
新しい表示、ナビゲーション、およびブックマーク、コメント、検索を含むコラボレーション体験によるユーザー エクスペリエンスの向上
書式設定、ユーザーのフィルター処理、レポート間の移動に適した Power BI Desktop の充実した編集コントロール
Power BI Desktop のレポート作成者向けのレポート パフォーマンス プロファイルおよび最適化のヒント
印刷や PDF、またはメール サブスクリプション経由のスケジュールによるページ分割されたレポートおよびエンタープライズ レポートの配布
Power BI により、XML/A のサポートを含むスケーラブルなエンタープライズ セマンティック モデルとしてのサービスを実現
認定済み共有データセットを含む、企業規模のセルフサービス BI を管理する新しい機能
データフローを使用したセルフサービスのデータ準備により、アナリスト、データ エンジニア、データ サイエンティスト間のコラボレーションを容易に実現
データフローを使用した大規模なデータ処理
視覚的に直観的な方法でもたらされるユーザー エクスペリエンスにより、データフローを使用した複雑な ETL プロジェクトを管理
Azure Data Lake Storage の Common Data Model (CDM) 形式によるデータフロー向けの Azure 統合
AI 駆動型の BI により、ビジネス ユーザーが重要かつ有用な分析情報を発見できるようサポート
改良された Q&A により、対話型の自然言語 BI を実現
テキストおよびイメージ データの分析に適した Power Query 機能としての Azure Cognitive Services の公開
アナリストは、オンラインの Power Query で事前に作成した Azure 機械学習の機能を検索および利用することが可能
別の Power BI テナントにデプロイできる Power BI アプリの作成体験
Power BI の埋め込み時の認証に Azure Active Directory サービス プリンシパルを使用可能
データセットの複製および動的バインドによる Power BI Embedded のデータセット デプロイの改善
今後 12 か月間
Power BI
新しい表示、ナビゲーション、およびブックマーク、コメント、検索を含むコラボレーション体験によるユーザー エクスペリエンスの向上
一般的な可用性
書式設定、ユーザーのフィルター処理、レポート間の移動に適した Power BI Desktop の充実した編集コントロール
パブリック プレビュー
Power BI Desktop のレポート作成者向けのレポート パフォーマンス プロファイルおよび最適化のヒント
パブリック プレビュー
印刷や PDF、またはメール サブスクリプション経由のスケジュールによるページ分割されたレポートおよびエンタープライズ レポートの配布
一般的な可用性
Power BI により、XML/A のサポートを含むスケーラブルなエンタープライズ セマンティック モデルとしてのサービスを実現
一般的な可用性
認定済み共有データセットを含む、企業規模のセルフサービス BI を管理する新しい機能
一般的な可用性
データフローを使用したセルフサービスのデータ準備により、アナリスト、データ エンジニア、データ サイエンティスト間のコラボレーションを容易に実現
一般的な可用性
データフローを使用した大規模なデータ処理
パブリック プレビュー
視覚的に直観的な方法でもたらされるユーザー エクスペリエンスにより、データフローを使用した複雑な ETL プロジェクトを管理
パブリック プレビュー
Azure Data Lake Storage の Common Data Model (CDM) 形式によるデータフロー向けの Azure 統合
一般的な可用性
AI 駆動型の BI により、ビジネス ユーザーが重要かつ有用な分析情報を発見できるようサポート
一般的な可用性
改良された Q&A により、対話型の自然言語 BI を実現
一般的な可用性
テキストおよびイメージ データの分析に適した Power Query 機能としての Azure Cognitive Services の公開
一般的な可用性
アナリストは、オンラインの Power Query で事前に作成した Azure 機械学習の機能を検索および利用することが可能
一般的な可用性
別の Power BI テナントにデプロイできる Power BI アプリの作成体験
一般的な可用性
Power BI の埋め込み時の認証に Azure Active Directory サービス プリンシパルを使用可能
一般的な可用性
データセットの複製および動的バインドによる Power BI Embedded のデータセット デプロイの改善
一般的な可用性

今後のリリースと計画についての詳細を参照

Dynamics 365

近日公開予定: Project Service Automation、AI for Sales、AI&nbspfor&nbspCustomer&nbspService、AI for Market Insights、およびレイアウト

Power プラットフォーム

Microsoft Power BI ロードマップ

プレリリース製品またはプレリリース機能は、製品版リリースの前に大幅に修正される場合があります。このロードマップには製品ビューが表示されています。個々の機能の最終ライセンスを示すものではありません。Microsoft は、記載されている情報について、明示または黙示を問わず、一切保証しません。

アイデアの共有

最新のリリース ノートを確認