Microsoft Power BI プレビュー条項

マイクロソフト製品をお選びいただきありがとうございます。

本文は、お客様と Microsoft Corporation (以下「マイクロソフト」といいます) の間で締結される、Power BI プレビューのソフトウェアおよびサービス (以下「本サービス」といいます) の使用権を定めた契約書です。お客様は、本サービスを利用する場合、以下の条項 (以下「本契約」といいます) を遵守しなければなりません。

お客様は、お客様の組織 (お客様の雇用主、教育機関など) から提供されたメール アドレスを使用して、Microsoft 組織アカウントに登録できます。お客様が組織アカウント (勤務先のメールなど) を使用して本サービスに登録して利用する場合、組織ドメインの所有者 (お客様の雇用主、教育機関など) は、それ以降、お客様のアカウントを管理し、お客様のデータと以前のネットワーク アクティビティにアクセスできる場合があることをご了承ください。

便宜上、本契約の一部の条項は質疑応答形式で記載されています。すべての条項が重要であり、お客様が同意された場合は、一体となってお客様に適用される法的拘束力を持つ契約を形成するため、本契約全文をお読みください。

  1. 本契約の同意および変更
    1. 本契約に同意するにはどうすればよいですか  お客様は、本サービスを利用もしくは本サービスにアクセスすることにより、またはオプションがユーザー インターフェイスに表示される場合はそこで本契約の条項に同意することにより、お客様による改変なく本契約を遵守することに同意するものとします。同意されない場合、本サービスを利用することはできません。
    2. 同意後に、マイクロソフトが本契約を変更することはありますか  はい。マイクロソフトは、本契約の条項を随時変更できるものとします。変更する場合は、ユーザー インターフェイス、メール メッセージ、またはその他の合理的な手段を通じてお客様に通知します。お客様は、変更の発効日以降に本サービスを利用した場合、変更後の条項に同意されたものとします。変更に同意されない場合、お客様は本サービスの利用を中止しなければなりません。中止しない場合、新しい条項がお客様に適用されます。
    3. 本サービスにはどのような変更が予想されますか  マイクロソフトは、本サービスを改善するための持続的な努力をしており、いつでも本サービスに変更を加える可能性があります。本サービスはその性質上プレビュー版であるため、正しく動作しなかったり、最終版と異なる動作をしたりすることがあります。マイクロソフトは、本サービスの一部の提供を随時停止する場合があります。かかる停止は、サービスを提供できなくなった場合、テクノロジが進歩した場合、カスタマー フィードバックにより変更が必要になった場合、マイクロソフトの第三者との契約により、かかる第三者のマテリアルの使用が許可されなくなった場合、または外部に問題が発生してサービスの続行が現実的でなくなった場合などに行う可能性があります。
    4. フィードバックについて教えてください。フィードバックはどのように使用されますか  お客様は、本サービスの利用に同意することで、フィードバックをマイクロソフトに提供することに同意されたものとします。お客様は、フィードバックを、その方法や目的を問わず、マイクロソフトが使用、共有、および商品化するために必要なすべての知的財産権またはその他の権利を無償でマイクロソフトにライセンスするものとします。また、お客様はフィードバックの内容を取り込んだマイクロソフトのソフトウェアまたはサービスの特定部分を使用またはその特定部分と連携する第三者の製品、技術、およびサービスに必要なすべての知的財産権またはその他の権利を無償ですべての第三者にライセンスするものとします。お客様は、マイクロソフトがお客様のフィードバックをソフトウェア、文書、またはサービスに取り込むことにより、マイクロソフトが第三者からソフトウェア、サービス、または文書のライセンスを取得しなければならないようなフィードバックを提供しないものとします。本項で許諾される権利は、永続的かつ全世界的なものであり、本契約の終了または満了後も存続するものとします。
  2. お客様のデータ
    1. 本サービスに保存した自分のコンテンツの所有者は誰ですか

      マイクロソフトとお客様の間においては、お客様が所有者です。ただし、お客様の組織アカウントの所有者がお客様のアカウントを管理している場合を除きます。お客様は、本サービスを利用して、他のユーザーと通信したり、フォト、ドキュメント、ミュージック、ビデオなど、さまざまな種類のファイルを共有または保存したりできます。お客様の通信およびファイルの内容は、マイクロソフトがお客様自身のコンテンツに組み込むことをお客様にライセンスしているマテリアル (クリップ アートなど) を除き、お客様の「コンテンツ」です。マイクロソフトは、お客様が本サービスに提供したコンテンツの所有権を主張しません。お客様は、ご自身のコンテンツに責任を負うものとします。

      お客様の組織ドメインの所有者がお客様のアカウントを管理している場合、お客様のコンテンツに対するお客様の権利については、お客様の管理者にお問い合わせください。

    2. 自分のコンテンツにアクセスできるのは誰ですか  お客様は、本サービスの公開領域で、コンテンツの公開共有を許可する機能を通じて、または自身が選択した他のユーザーが利用できる共有領域でコンテンツを共有した場合、お客様がコンテンツを共有したユーザーが、本サービスおよびその他のマイクロソフトまたはそのライセンシーの製品およびサービスの利用に関連して、かかるコンテンツを無償で使用、保存、複製、頒布、表示、および送信できることに同意するものとします。他のユーザーがこれらの操作を行うことを希望されない場合は、本サービスを利用してお客様のコンテンツを共有しないでください。また、お客様の組織ドメインの所有者がお客様のアカウントを管理している場合、お客様の管理者はお客様のコンテンツにアクセスできます。

      お客様は、本契約の期間中、お客様が本サービスにアップロードまたは共有するコンテンツに必要なすべての権利を有している (有する) こと、および本第 2 条 2 項で想定されているコンテンツの使用がいかなる法令にも違反しないことを表明し、保証するものとします。

    3. 自分のコンテンツをマイクロソフトはどのように取り扱いますか  お客様は、コンテンツを本サービスに送信またはアップロードすると、本サービスをお客様に提供するため、ならびにマイクロソフトの製品およびサービスを改善するために必要に応じて、コンテンツを無償で使用する全世界的な権利をマイクロソフトに付与することになります。マイクロソフトは、第 4 条で参照されているプライバシーに関する声明に記載されているとおり、お客様のコンテンツを使用および保護します。
    4. 許可されないコンテンツの種類または行為は何ですか  マイクロソフトのお客様および本サービスを保護するために、マイクロソフトは、本サービスの利用に適用される以下の「倫理規定」を定めています。本契約に違反するコンテンツまたは行為は許可されません。
      1. 本サービスを利用して、違法行為を行わないでください。
      2. 子供を搾取する、害する、または害する恐れがある活動には関与しないでください。
      3. スパムを送信したり、お客様のアカウントを使用して他者がスパムを送信することを支援したりしないでください。スパムとは、未承諾の大量のメール、投稿、またはインスタント メッセージのことです。
      4. 不適切な画像 (ヌード、獣姦、ポルノなど) を一般に公開しないでください。
      5. 虚偽または誤解を招く恐れのある活動 (虚偽表示による金銭の要求、他者へのなりすましなど) に関与しないでください。
      6. 本サービスまたは他者に有害な活動 (ウイルス、ストーカー行為、差別発言、他者に対する暴力の擁護) に関与しないでください。
      7. 他者の権利を侵害 (著作権で保護されたミュージックの不正共有、Bing 地図、写真、およびその他のコンテンツの再販売またはその他の頒布など) しないでください。
      8. 他者のプライバシーを侵害する活動に関与しないでください。
      9. 他のユーザーを妨害もしくは阻害したり、他のユーザーに悪影響を及ぼしたり、他のユーザーが本サービスを十分に享受することを妨げたりする可能性のある方法で、または本サービスの機能に損害を与え、これを使用不能にし、これに過度な負荷を与え、もしくはこれを害する可能性のある方法で、本サービスを利用しないでください。
      10. 未承諾または未承認の広告、要請書、販売促進資料、スパム、迷惑メール、チェーン レター、またはマルチ商法の勧誘を送信したり、スパムまたはその他の商業目的のメッセージを送信する目的でメールの送信者の身元を隠匿または不当表示したりしないでください。
      11. メール アドレスなどの他のユーザーの情報を、本人の承諾なく獲得または収集しないでください。
      12. ロボット、スパイダー、クローラー、スクレーパー、または本サービスにアクセスしたり、データを抽出したりするためにマイクロソフトが提供しているものではない、その他の自動化された手段もしくはインターフェイスを使用したりしないでください。
      13. 本サービスもしくはその一部のリバース エンジニアリング、またはソース コードを解明したり、本サービスの領域、コンテンツ、もしくはコードへのアクセスを防止もしくは制限するために使用されている対策を無視もしくは回避したりする可能性のあることをしないでください。
      14. お客様が使用する権限のないアカウントを使用したり、使用を試みたりしないでください。
      15. 個人または法人になりすましたり、代わって投稿したり、その他の方法でお客様が個人または法人と関係していると不当表示したりしないでください。
      16. マイクロソフトが使用することがあるコンテンツ フィルタリング技術の回避を試みたり、お客様がアクセスする権限のない、本サービスのサービスまたは領域へのアクセスを試みたりしないでください。

      多くの場合、マイクロソフトは、お客様からの苦情により「倫理規定」への違反の報告を受けますが、自動化テクノロジを導入して、システム、お客様、または他者を害する可能性のある児童ポルノまたは虐待行為を検出することがあります。これらの問題を調査する際に、マイクロソフトまたはその代理業者が、問題を解決するためにコンテンツを確認します。この確認は、本契約およびプライバシーに関する声明に規定されている使用に追加されるものです。

    5. 自分のコンテンツをマイクロソフトは本サービスから削除できますか  はい。マイクロソフトは、本契約に違反していると判断した場合、他のユーザーから苦情を受け取った場合、知的財産権侵害の通知を受け取った場合、または削除を求めるその他の法的指示を受けた場合、お客様のコンテンツの削除、頒布の制限、またはアクセス権の無効化を行います。また、本サービスもしくはお客様を保護すること、またはその他本契約の条項を執行することを目的とした取り組みの一環として、本サービスとの間で行われる通信 (メール、インスタント メッセージなど) の配信をブロックすることもあります。
  3. 期間、および本サービスの解約または解除
    1. 本契約の期間を教えてください

      本契約は、2015 年 9 月 30 日または本サービスの商業的リリースが最初に提供される日のいずれか早い方の時点まで有効に存続します。

    2. 本契約を遵守していない場合はどうなりますか  お客様が本契約に違反している場合、マイクロソフトが講じる措置は、お客様のコンテンツの本サービスからの削除、お客様による本サービスへのアクセスの一時中断もしくは解約、お客様の組織アカウントの無効化もしくは解除、またはかかる活動の当局への付託など、多岐にわたります。削除されたコンテンツは、回復できないことがあります。
    3. 本サービスにアクセスできなくなる場合が他にありますか  はい。マイクロソフトは、第 1 条 3 項に従って、本サービスの一部の提供を停止する場合があります。

      また、お客様の組織ドメインの所有者がお客様のアカウントを管理している場合、お客様の管理者は本サービスに対するお客様のアクセス権を変更できます。

    4. 本サービスを解除する方法を教えてください  お客様は、お客様の組織アカウントに関連付けられている本サービスをその理由にかかわらずいつでも解除することができます。ただし、お客様の組織アカウントの所有者がお客様のアカウントを管理している場合を除きます。その場合、お客様の管理者に、お客様のアカウントを解除するよう依頼してください。お客様のアカウントを使用停止にする方法については、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=619087 をご参照ください。

      また、マイクロソフトは、30 日前までに通知することにより、その理由にかかわらずいつでも本サービスを一時中断もしくは解約したり、本契約を解除したりすることができます。

    5. 本サービスが解除された場合、どうなりますか  お客様の本サービスが、お客様もしくはマイクロソフト、またはお客様の管理者によって解除された場合、お客様が本サービスを利用する権利は直ちに停止し、本サービスに関連するソフトウェアを使用するためのお客様のライセンスは終了します。その場合、お客様はかかるソフトウェアをアンインストールしなければなりません。または、マイクロソフトがかかるソフトウェアを無効にする場合があります。お客様の組織アカウントが、お客様もしくはマイクロソフト、またはお客様の管理者によって使用停止にされた場合、お客様がお客様の組織アカウントを使用する権利は直ちに停止します。本サービスが解除された場合、マイクロソフトはお客様のコンテンツを 90 日間、限定機能アカウントで保持します。90 日間の保持期間が終了すると、マイクロソフトはお客様のアカウントを無効にし、かかるコンテンツを削除します。本サービスは、お客様から提供されたソフトウェアの保持または抽出をサポートしていない場合があります。マイクロソフトは、本条に記載されている、お客様のコンテンツの削除に一切責任を負いません。
  4. プライバシー

    お客様のプライバシーは、マイクロソフトにとって重要です。本サービスはプレビュー サービスであるため、セキュリティ、コンプライアンス、およびプライバシーに関する取り組みが少ないか、通常とは異なる場合があります。マイクロソフトがお客様のコンテンツおよびお客様から収集する情報を使用および保護する方法については、マイクロソフト オンライン サービスのプライバシーに関する声明 (go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=512132) (以下「プライバシーに関する声明」といいます) に規定されています。プライバシーに関する声明は重要ですので、注意してお読みください。プライバシーに関する声明は、参照により本契約の一部となります。お客様は、本サービスを利用するか、本契約の条項に同意することにより、マイクロソフトが、プライバシーに関する声明に記載されているとおりに、お客様のコンテンツおよび情報を収集、使用、および開示することに同意されたものとします。プライバシーに関する声明における、セキュリティ センターに関する記述は適用されません。また、お客様は、お客様によるマイクロソフトの製品およびサービスの利用、ならびにお客様のアカウントのセキュリティに関して、お客様に連絡を行うためにお客様が提供した連絡先情報をマイクロソフトが使用することにも同意するものとします。 マイクロソフトは、販売促進目的のメールをお客様に送信したり、マイクロソフトの製品およびサービスについて電話にてお客様に連絡したりする場合があります。

    お客様の組織アカウントのインターネット ドメインの所有者 (「お客様の雇用主」など) がお客様のアカウントを管理する時点まで、プライバシーに関する声明における管理者および顧客に関する記述はお客様に適用されます。

  5. 本サービスの中断およびバックアップ

    マイクロソフトは、本サービスの稼動状態を維持するよう取り組んでいますが、すべてのオンライン サービスには中断および停止が時折発生します。マイクロソフトは、結果としてお客様に生じることがある中断または損失について一切責任を負いません。お客様は、本サービスに保存しているコンテンツを定期的にバックアップしてください。定期的なバックアップ計画を策定し、それに従うことは、お客様のコンテンツの損失を回避するのに役立ちます。

  6. ソフトウェア
    1. 本サービスの一部であるソフトウェアにはどの条項が適用されますか  別途のライセンス契約が付属している場合を除き、マイクロソフトが本サービスの一部としてお客様に提供するソフトウェア (以下「本ソフトウェア」といいます) には、本契約の条項が適用されます。本ソフトウェアは、ライセンスされるものであり、販売されるものではありません。マイクロソフトは、黙示、禁反言、またはその他によるかを問わず、マイクロソフトが明示的に付与していない、本ソフトウェアに対するすべての権利を留保します。本契約がお客様に表示されている Web サイトに適用される場合、当該 Web サイトからリンクまたは参照されている第三者のスクリプトまたはコードは、マイクロソフトではなく、かかるコードを所有する第三者からお客様にライセンスされています。
    2. 本サービスの一部として提供される本ソフトウェアはどのように使用できますか  マイクロソフトは、お客様が本契約の他のすべての条項に従うことを条件に、お客様による本サービスの利用の一環として、一度に 1 人のユーザーのみが使用するために、全世界でデバイスごとに本ソフトウェアの複製 1 部をインストールして使用する権利をお客様に許諾します。
    3. 本ソフトウェアまたは本サービスでできないことはありますか  はい。本契約の他の制限に加えて、本ソフトウェアまたは本サービスに関する技術上の保護手段を回避すること、本ソフトウェア、または本サービスに含まれているか、本サービスを通じてアクセスできる本サービスのその他の部分を逆アセンブル、逆コンパイル、またはリバース エンジニアリングすること (適用される著作権法でこれらの行為が明示的に許可されている範囲についてはその限りではありません)、別のデバイスで使用するために本ソフトウェアまたは本サービスのコンポーネントを分離すること、本ソフトウェアまたは本サービスを公開、複製、レンタル、リース、または貸与すること、および本ソフトウェア、ソフトウェア ライセンス、または本サービスにアクセスもしくは本サービスを利用する権利を譲渡すること、は禁止されています。お客様は、他のユーザーによる本サービスの利用、またはサービス、データ、アカウント、もしくはネットワークへのアクセスを妨げる可能性のある不正な方法で、本サービスを利用することはできません。お客様は、許可されていない第三者のアプリケーションを使用して、本サービスにアクセスできるようにすることはできません。
    4. 本ソフトウェアを更新する方法を教えてください  マイクロソフトは、お客様が使用する本ソフトウェアのバージョンを自動的にチェックすることができます。また、本ソフトウェアの更新プログラムを随時自動的にダウンロードすることもできます。お客様は、かかる更新プログラムには、別途の条項が付属している場合を除き、本契約の条項が適用されることに同意するものとします。別途の条項が付属している場合は、当該条項が適用されるものとします。マイクロソフトは、更新プログラムを公開する義務を負わず、お客様が本ソフトウェアのライセンスを取得したシステムのバージョンをサポートしていることも保証しないものとします。
  7. 可分性

    管轄裁判所が本契約のいずれかの条項を違法、無効、または執行不能と判断した場合でも、他の条項は引き続き完全に効力を有するものとします。

  8. 保証の不存在

    マイクロソフト、ならびにマイクロソフトの関連会社、リセラー、販売代理店、およびベンダーは、お客様による本サービスの利用に関して、明示的であると黙示的であるとを問わず、保証または条件を一切提示しません。お客様は、本サービスを自己の責任で利用すること、およびマイクロソフトが本サービスを「現状有姿」、「瑕疵を問わない」、および「提供しうる形」で提供することを理解するものとします。マイクロソフトは、本サービスで提供される情報の正確性または適時性を保証しません。お客様の地域の法令によって認められる範囲において、マイクロソフトは、商品性、良好な品質、特定目的に対する適合性、職人的努力、侵害の不存在などに関する黙示の保証について一切責任を負いません。お客様の地域の法令によって、特定の権利がお客様に付与されている場合があります。それらの権利が適用される場合、本契約のいずれの条項もそれらの権利に影響を与えることを意図するものではありません。

    お客様は、コンピューターおよび電気通信システムが完璧ではなく、時折ダウンタイム時間が発生することがあることに同意するものとします。マイクロソフトは、本サービスが安全で中断せず遅延およびエラーが発生しないこと、またはコンテンツの損失が発生しないことを保証しません。

  9. 責任制限

    マイクロソフトが本契約に違反した場合、お客様は、マイクロソフトまたは関連会社、リセラー、販売代理店、およびベンダーによる唯一の救済方法が 10.00 米ドルを上限とする損害の補償であることに同意するものとします。お客様は、結果的損害、逸失利益、特別損害、間接損害、付随的損害、または懲罰的損害を含みますがこれらに限定されない、その他のいかなる損害または損失の補償も受けることはできません。これらの責任の制限および除外は、この救済によってもお客様の損失が完全に補償されない場合もしくは救済の実質的目的が達成できない場合、またはマイクロソフトが損害発生の可能性を認識していた場合もしくは認識すべきであった場合にも適用されるものとします。法令により最大限認められる範囲において、これらの責任の制限および除外は、コンテンツの損失、お客様による本サービスの利用に影響するウイルス、送受信または取引を開始もしくは完了する際の遅延または障害、契約、保証、もしくは条件の違反に対する請求、厳格責任、過失、不当表示、または脱落、不法侵害またはその他の不法行為、制定法または法令の違反、不当利得など、本契約に関連したすべての事項に適用されるものとします。お客様の地域または国で付随的、結果的、およびその他の損害の除外または責任の制限が認められていない場合、これらの責任の制限または除外の一部またはすべてがお客様に適用されないことがあります。

  10. 準拠法、裁判管轄地

    本契約はワシントン州の法律を準拠法とします。連邦裁判所が設置されている場合、両当事者は、ワシントン州キング郡の連邦裁判所が専属的管轄権を有し、同地を裁判地とすることに同意します。連邦裁判所が設置されていない場合、当事者は、ワシントン州キング郡の上位裁判所が専属的管轄権を有し、同地を裁判地とすることに同意します。マイクロソフトまたはお客様が、弁護士を雇って、本契約に起因するかまたは関連する権利の強制履行を求める法的手続きを開始する場合には、勝訴当事者は合理的な弁護士報酬、費用、その他の経費 (上訴、破産、または同様の手続きに関して発生する費用および報酬を含みます) を回収する権利を有するものとします。

  11. マイクロソフトおよび第三者の Web サイト、サービス、およびコネクタ

    お客様は、本サービスを介してマイクロソフトまたは第三者の Web サイトまたはサービスにアクセスできる場合があります。マイクロソフトのかかるその他のサービスには、独自の条項およびプライバシーに関する声明が適用されます。

    また、本サービスでは、ジオコードを含む Bing 地図が使用されています。お客様による Bing 地図の使用には、Bing 地図のエンド ユーザー使用条件 (go.microsoft.com/?linkid=9710837) および Bing 地図のプライバシーに関する声明 (go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=248686) が適用されます。

    マイクロソフトは、かかる第三者のサービスを介して利用できる、第三者の Web サイトもしくはそのプライバシーの取り扱い、サービス、またはマテリアルには責任を負いません。お客様には、マイクロソフトの Web サイトを離れるタイミングに注意すること、および個人情報を収集する各 Web サイトのプライバシーに関する声明を読むことをお勧めします。お客様と第三者 (広告主を含みます) とのいかなる取引についても、お客様が単独で責任を負うものとします。第三者の Web サイトまたはサービスのお客様による利用には、かかる第三者の契約条件が適用される場合があります。

    お客様は、本サービスを利用して、第三者のさまざまなデータ ソースに接続できる場合があります。このような第三者のデータ ソース プロバイダーとの契約は、当該第三者のデータ ソース プロバイダーとお客様の間でのみ締結されるものとし、かかる第三者のソースに適用されるその他の使用条件または契約が適用される場合があります。お客様は、かかる第三者のデータ ソースからのデータのインポートについて、単独で責任を負うこと、およびその権限を有することに同意するものとします。マイクロソフトは、お客様が第三者のデータ ソースからインポートするデータを監視、管理せず、当該データに関連する責任を一切負いません。また、その品質、正確性、性質、および所有権についても責任を負いません。お客様は、本サービスを利用している間に、インポートしたデータに基づいて作成、送信、頒布、または表示したコンテンツについて単独で責任を負うことに同意するものとします。

  12. 存続

    本条、ならびに第 4 条、第 8 条、第 9 条、第 10 条、第 15 条、および本契約の解除または解約後にも適用されることが規定されている条項については、本契約の終了後も履行義務が存続します。

  13. 譲渡と移管

    マイクロソフトは、お客様に通知することなく本契約全体または本契約の一部を随時譲渡することができます。お客様は、本契約を移管したり、本サービスを利用する権利を譲渡したりすることはできません。

  14. 通知

    お客様は、マイクロソフトが本サービスに関する通知、または法律によりお客様が本サービスに登録する際に指定されたアドレス宛てにマイクロソフトがメールで提供するよう求められている情報を提供することに同意するものとします。お客様にメールで送信された通知は、メールの送信時に行われ、受信されたものと見なされます。通知を電子的手段で受け取ることに同意されない場合は、本サービスの利用を停止しなければなりません。

  15. 完全合意

    本契約は、書面または口頭によるものかを問わず、本契約で定める事項に関する、すべての以前の意思表示より優先されるものとします。

  16. 第三受益者の不存在

    本契約はお客様とマイクロソフトの利益のみを目的としたものです。本契約は、マイクロソフトの承継者および譲受人を除き、他者の利益を目的としたものではありません。

  17. 輸出規制

    マイクロソフトの無償のソフトウェアおよびサービスは、米国およびその他の法域の輸出およびテクノロジに関する規制の対象となります。お客様は、かかるソフトウェアおよびサービスに適用されるすべての法令を遵守することに同意するものとします。かかる無償のソフトウェアおよびサービスを禁輸措置対象国の政府機関または特定の規制対象当事者に譲渡するには、米国政府の許可が必要です。詳細については、米国財務省の Web サイト (www.treasury.gov/resource-center/sanctions/Programs/Pages/Programs.aspx) をご参照ください。また、有償サービスは、米国の輸出に関する規制の対象となります。お客様は、適用されるすべての国内法および国際法 (輸出対象国、エンド ユーザーおよびエンド ユーザーによる使用に関する規制を含みます) を遵守しなければなりません。詳細については、マイクロソフト製品の輸出に関する Web サイト (www.microsoft.com/exporting) をご参照ください。

  18. 通知

    知的財産権侵害の申し立ての通知と手続き  マイクロソフトは、第三者の知的財産権を尊重しています。著作権侵害の申し立てを含む、知的財産権侵害の通知の送付を希望される場合、マイクロソフトの侵害通知 (https://www.microsoft.com/info/cpyrtInfrg.aspx) の送付手順に従ってください。この手続きに関係のないお問い合わせに対しては、回答は一切行われません。

    マイクロソフトは、United States Code Title 17 (米国著作権法) の Section 512(c)(2) に規定されているプロセスに従って、著作権侵害の通知に回答します。マイクロソフトは、適切であると判断した場合、侵害行為を繰り返し行っている可能性がある、マイクロソフト サービスのユーザーのアカウントを無効にしたり解除したりすることもあります。広告における知的財産関連の懸念事項に関する通知と手続き  マイクロソフトの広告ネットワークにおける知的財産関連の懸念事項については、マイクロソフトの知的財産ガイドライン (go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=243207) をご参照ください。

    著作権および商標に関する表示  本サービスのすべての部分の著作権は Microsoft Corporation またはそのサプライヤーにあります。Copyright © 2014 Microsoft Corporation and/or its suppliers, One Microsoft Way, Redmond, WA 98052, U.S.A. All rights reserved. マイクロソフトまたはマイクロソフトのサプライヤーは、本サービスおよびそのコンテンツの権原、著作権、およびその他の知的財産権を所有しています。マイクロソフト、ならびにマイクロソフトのすべての製品、ソフトウェア、および本サービスの名称、ロゴ、およびアイコンは、米国およびその他の国におけるマイクロソフトの商標または登録商標である場合があります (www.microsoft.com/about/legal/en/us/IntellectualProperty/Trademarks/EN-US.aspx)。実際の会社および製品の名称は、個々の所有者の商標である場合があります。本契約で明示的に許諾されていない権利は、すべてマイクロソフトが留保します。

Request demo