オンプレミス データ ソースを使用してダッシュボードやレポートを最新の状態に保つ

オンプレミス ゲートウェイでは、オンプレミスのデータ ソースに接続することでデータを最新の状態に保つことができ、データを移動する必要はありません。大規模なデータセットを照会して、既存の投資を利用します。ゲートウェイは、個人のニーズと組織のニーズを満たすのに必要な柔軟性を提供します。

すべてのクラウド サービスで 1 つのゲートウェイ

一度インストールすると、同一のゲートウェイを使用して、Power BI、PowerApps、Microsoft Flow、および Azure Logic Apps で複数のオンプレミス データ接続を展開できます。

簡単なセットアップ

最小限の操作でゲートウェイをダウンロードしてインストールできます。次に、組織のアカウントでサインインし、クラウド サービスで使用するゲートウェイを登録します。

データへの保護されたアクセス

Power BI とゲートウェイ間のデータ転送は、Azure Service Bus を介してセキュリティで保護されます。ゲートウェイ管理者から提供される資格情報は、クラウドの情報を保護するために暗号化され、ゲートウェイ コンピューターでのみ暗号化解除されます。

オンプレミス データ ゲートウェイ

オンプレミス データ ゲートウェイ (個人用モード)

機能するクラウド サービス Power BI、PowerApps、Azure Logic Apps、Microsoft Flow Power BI
データ ソースごとのアクセス制御で複数のユーザーを処理する
コンピューターの管理者ではないユーザーのためにアプリとして実行する
証明書を使って単一ユーザーとして実行する
データをインポートし、スケジュールされた更新をセットアップする
SQL Server、Oracle、Teradata に対する DirectQuery のサポート
Analysis Services に対するライブ接続のサポート
ゲートウェイとデータ ソースの監視と監査 近日公開予定
Request demo