分析ツールで活性化されるアプリ

アプリに Power BI を埋め込む

意思決定を支援するビジネス インテリジェンス (BI) の実現は容易ではありません。データは複雑であり、デバイスは多様であり、注意持続時間は短いです。アプリに分析ツールを統合することにより、人々が作業する場所でデータの可視化と洞察を提供できます。意思決定が行われる場所。リアルタイム更新とコンテキスト データにより、より良く、より有意義な意思決定を支援できます。

世界クラスの分析ツールをアプリに組み込み

使いやすい分析ツールをアプリにすばやく確実に統合して、意思決定を迅速化できます。

クラウド向けに構築された分析ツールの利用

クラウドの活用: 柔軟な料金、スケール、コンプライアンス、セキュリティ、および信頼性。

オープンで拡張性のあるプラットフォームの利点

使い慣れた環境で、オープンで拡張性のあるプラットフォームで、パワフルな SDK と API を使用して開発できます。

分析ツールは 3 ステップで容易に組み込み

1.魅力的な対話型レポートを作成

コードを記述しなくても、対話型の BI エクスペリエンスを作成できます。一連のコネクタを通じて、アプリにとって適切なデータ ソースに接続。データを DirectQuery で最新に保ち、キャッシュされたモデルをスケジュールされた更新で、また、ストリーミング データへの接続によって最新に保ちます。Power BI は、アプリのコンテキストでデータを最適に表示するためのカスタム ビジュアルも提供します。

2.迅速なプロビジョンと容易な管理

Power BI Premium によって迅速に実用化でき、アプリの成長に伴って拡張でき、必要な容量の分だけ支払い。Power BI Desktop からアプリにレポートを公開。クラウドおよびオンプレミス データ ソースに接続。キャッシュされたモデルの更新を容易にスケジュール。

3.レポートを容易に組み込み

Power BI REST API と Power BI SDK を使用すると、対話型レポートとダッシュボードをアプリに容易に組み込むことができ、デバイスの種類にかかわらず一貫性があり、忠実性の高いエクスペリエンスを達成できます。

対話型レポートの構築を開始する

Power BI Desktop を使用すると、自由形式のドラッグ アンド ドロップ キャンバス、最新のデータ視覚化、および簡単なレポート作成により、データを視覚的に調査できます。

デプロイの準備ができたら、Power BI Premium を使用して、対話型のデータ エクスペリエンスをユーザーに提供してください。可用性やドキュメントを逐次お知らせします。

すでに Power BI Embedded をお使いですか。

すでに Power BI Embedded を使用してアプリを開発した場合も、このサービスを活用できます。アプリの移行を支援して、新しい機能を利用できるようにします。

Request demo