デスクトップ コンピューターで作業している人

KPI ダッシュボードとは

KPI ダッシュボードは、データ ソースを一元化して、ビジネスの主要業績評価指標 (KPI) に対する実績を示す視覚的なフィードバックを一目で確認できるツールです。以下に示すメリットをユーザーにもたらします:

• KPI や他のビジネス指標を追跡できる迅速で簡単なソリューション。

• 会社の健全性の可視性向上に役立つ統一されたデータ表示。

• パフォーマンスと状態のインジケーターを備えたカスタマイズ可能な データのビジュアル化

包括的な KPI ツールのメリット

KPI を定義するときに使用するのと同じツールまたはプラットフォームで KPI ダッシュボードを構築すると、必要なものがすべて同じ場所に配置されます。KPI 定義、データ ソース、または目標を変更すると、これらの更新内容が自動的にダッシュボードに入力されるため、貴重な時間と労力を節約できます。

KPI とは

主要業績評価指標は、どの程度効果的に目標を達成しているかを示す測定可能な値です。KPI は会社のスコアカード、つまり目標を果たすことができているかどうかを測定する手段であると捉えることができます。

KPI の重要性

KPI を特定して追跡することで、ビジネスが正しい道筋にあるか、または貴重な時間と資金を失わないために軌道変更する必要があるかを知ることができます。KPI を適切に使用すると、以下の場面で役立つ強力なツールになります:

  • 企業の財務健全性を監視します。

  • 戦略的目標に対する進捗状況を測定します。

  • 問題を早期に発見します。

  • タイムリーな戦術調整を行います。

  • チーム メンバーの意欲を引き出します。

  • より優れた決定をより迅速に行います。

では、ビジネスにとって重要な KPI を識別するには、まずどうすればよいのでしょうか。最初に、総合的または部門別に戦略的目標を明らかにします。

これらの目標は、会社にとって重要な KPI を識別するのに役立ちます。適切な KPI を選び出せるかどうかは、これらの目標と、目標に対して業績を測定する能力によってすべてが決まります。

次に、現在目指している KPI 目標と、その測定方法を確認します。これらは短期目標と長期目標のどちらの可能性もある点に注意してください。

KPI とその目標について、チームへの周知とオープンな話し合いへの働きかけを行います。野心的すぎないか 簡単すぎないか。目標は野心的であるべきですが、あまりにも現実離れしていたり、チームにはコントロールできない基準だけに頼っていたりする場合は、再検討するのが賢明です。また、会社が目標を達成するために使用する活動やプログラムについても確認する必要があります。最後に、時間を取って現在の状況を評価しましょう。それが KPI の開始点になります。

さまざまなタイプの KPI について

進捗状況を測定するときに最もよく使用される KPI のタイプを深く理解すると、追跡すべき KPI を特定しやすくなります。

  • 定量的 KPI は、数値で表すことができる、測定可能な事実に関する情報です。統計データ、パーセンテージ、金額などが挙げられます。

  • 定性的 KPI には人間による解釈が含まれるので、数値で定量化できません。意見、気持ち、経験などが挙げられます。

  • 遅行 KPI は、成功または失敗を予測するために、過去に起こった物事を測定します。つまり、これまでに達成してきたものや苦労した場面を振り返るのです。

  • 先行 KPI は、パフォーマンスを測定して、将来の成功と長期的な傾向を予測します。つまり、進行方向のさらに先へ目を向けるのです。

先行 KPI と遅行 KPI は、合わせて使用されるのが一般的です。定量的 KPI および定性的 KPI と共に、 これらも有用な指標になります。

追跡する KPI ごとに所有者を割り当て、追跡の頻度について合意します。どのような KPI を追跡する場合でも、KPI 定義に関してチームと共同作業する場合は KPI プラットフォームまたは KPI ツールを使用することが重要です。各 KPI を一括して定義し、次にコンテキスト データを収集して単一ビューにまとめることで、正確性の高いリアルタイムのアクションが可能になります。

KPI ダッシュボードの例

有効な KPI ダッシュボードでは、戦略的目標を追跡するために必要なすべての KPI が 1 つにまとめられるので、関連するすべての指標を 1 か所に並べて視覚的に表すことができます。KPI ダッシュボードの例 を確認して、追跡する可能性が高い重要な関連指標をいくつか検討してください:

マーケティングの有効性

  • キーワードのパフォーマンス
  • ページの平均滞在時間
  • コンバージョン率
  • 平均リード スコア
  • Webサイト トラフィックのリード比

顧客サービス

  • 顧客満足度指標
  • 1 通話あたりのコスト
  • 最初の応答時間
  • 顧客維持率
  • 平均解決時間

財務健全性

  • 損益
  • 現在の比率
  • オペレーティング キャッシュ フロー
  • バーン レート
  • 仕入先の経費

IT のパフォーマンス

  • 平均修理時間
  • サーバーのダウンタイム
  • IT の投資収益率
  • 従業員 1 人あたりの未解決チケット数
  • 予算内で納品されたプロジェクト

KPI レポート

KPI レポートは、KPI ダッシュボードに表示される情報を新しい段階に引き上げます。データを掘り下げて、より詳細なインサイトと分析を引き出します。

KPI レポートは、関係者やチーム メンバーが特定の期間における傾向やボトルネックを特定し、より適切な決定を下すのに役立ちます。レポートには、次のような項目があります:

  • 会社の日々の業務に関するインサイト。

  • 対象の KPI に対する会社の財務健全性。

  • データによって示される、注目すべき傾向またはパターン。

  • 戦略的な意思決定に役立つ、より深いデータ分析。

KPI レポートを作成するには、最初にレポートの対象者と目標を設定します。たとえば、収益目標に向けた第三四半期の進捗状況を会社関係者に提示する、といった設定です。レポートで取り上げる KPI のすべてが中心的なテーマを指すようにしてください。

KPI レポートを作成する際は、以下の事項も考慮に入れる必要があります:

  • KPI ツールまたは KPI プラットフォームに既に含まれている可能性がある KPI レポート テンプレートを確認する。

  • レポート頻度を設定する。

  • レポートを静的にするか、データの掘り下げを動的に行うために対話型にするかを決定する。

  • レポートの目標に対応しない KPI がレポートに過負荷をかけないために、関連する KPI のみを表示する。

  • 対象者にとって明確で、理解しやすく、実用的なレポートを徹底する。

KPI のベスト プラクティス

KPI の機能を十分に活用していただくために、役に立つヒントをまとめました。

KPI の特定:

  • 特定の目標に合った KPI のみを選択します。目標が明確でない場合、KPI を目標に照合する作業が複雑になります。
  • 目標が複数部門にまたがっている場合には、同じ目標に対して異なる KPI を使用します。たとえば、マーケティング部門と営業チームで異なる KPI を使用します。
  • 選択するすべての KPI に対して、その定義を担当する中核チームを必ず設定してください。

KPI の監視:

  • KPI ツールまたは KPI プラットフォームで使用できる各種のダッシュボード、可視化グラフ、テンプレートを確認して、目標に適したものを選択します。
  • 比較のために必ず開始データを含めて、ダッシュボードに会社の業績と進捗が時間の経過と共に正確に示されるようにします。
  • KPI の監視と処理を行う頻度を決めます。KPI ダッシュボードの監視を行うのは毎日と毎週のどちらにしますか。レポート後にしかアクションを実行できないようにしますか、それとも関係者やチーム メンバーが途中で戦術を調整できるようにしますか。

KPI のよくある間違い

このような KPI のよくある間違いを避ける方法を次に示します:

1. 戦略的目標の要点ではない KPI を選択している。関連するビジネス指標を追跡するのは賢明なことですが、すべての指標が KPI ステータスに適しているとは限りません。

2. 定義が不十分または不明瞭な KPI を採用している。チームと協力して KPI を定義し、具体的で詳細な測定方法を指定してください。指定しないままでは、目標の達成が困難になります。

3. 高すぎる、または非現実的な KPI 目標を設定している。過去のデータ、リソース、および現在の方策に基づいて、より現実的な目標を設定することをおすすめします。特定の時間枠に焦点を合わせることを検討するか、短期および長期の目標を設定してください。

4. 所有者がいないまま KPI を追跡している。結果だけでなく、プロセスについても説明責任は重要です。各 KPI には、監視、レポート、分析、およびアクションの責任を持つ所有者が必要です。

5. KPI に対するアクションを実行できていない。目標を達成しているか遅れているかにかかわらず、KPI はより良い意思決定を支援するツールです。追跡のためだけに追跡を行うのはやめて、行動を起こしましょう。

適切なツールで簡単に KPI ダッシュボードを作成する

KPI ダッシュボード ソリューションを選択する際は、組織外との共有をコントロールできる、シンプルで データ ダッシュボード に対応した、エンドツーエンドのデータ保護を見つけましょう。これにより、KPI ダッシュボードと KPI レポートは、設定したパラメータに従って、基になるデータのセキュリティを保護します。セキュリティで保護された KPI ダッシュボードを作成し、データから隠されたインサイトを導き出すために、Microsoft Power BI をご確認ください。