コンピューターで確認している女性

データ ダッシュボードとは

データ ダッシュボードは、企業がデータを追跡、分析、表示するためのツールであり、通常は組織、部署、または特定のプロセスの全体的なウェルビーイングに関して詳細な分析情報を得ることを目的としています。ダッシュボードはバックグラウンドでさまざまな種類のメトリック、データ ソース、API、サービスを関連付け、企業がこれらのソースから関連情報を抽出して、ユーザーにわかりやすい方法で表示できるようにします。 

データ ダッシュボードが重要な理由

車のダッシュボードと同様に、データ ダッシュボードは重要な情報を整理してわかりやすく表示することで、会社の最も貴重なデータについて理解し、重要な疑問に対する回答を得られるようにします。ダッシュボードを特定のメトリックまたは主要業績評価指標 (KPI) に関連付けることで、重要なビジネス インテリジェンスを得て、特定の情報を掘り下げ、成功に向けて継続的に監視することができます。車と同じく、ダッシュボードには、道のりをどの程度進んだか、目的地に到達するためにどのくらいかかるかが示されます。 

データ ダッシュボードでできること

ダッシュボードのパワーは、ビジネス上の意思決定を支援し、従業員の能力を強化するための最新の情報とコンテキストを提供できる能力にかかっています。たとえば、IT チームはダッシュボードを使用してセキュリティ侵害の徴候を検出することができます。あるいは、企業では現場で作業している第一線の作業者向けアプリまたはモバイル デバイスにダッシュボードを埋め込んで、彼らが必要とするデータを必要なときに常に入手できるようにすることができます。 

ダッシュボードは次のような重要なビジネス上の疑問に回答する上でも役立ちます。 

  • 今週の配送数は先週と比較してどうであったか。 

  • 3 つの製品のうち、売上が最も高いものはどれか。どの品目のプロモーションを行うべきか。 

  • Web サイトのトラフィックの大部分はどこから来ているか。 

  • 買い手は当社をどのように見つけているか。 

  • 当社のマーケティング ファネルはうまく機能しているか。目標に沿っているか。 

データ ダッシュボードのメリット

ダッシュボードは、ビジネスを即座に向上させるために必要な、わかりやすいデータの可視性をすばやく提供することを意図しています。ダッシュボードを作成および使用する方法はさまざまですが、次の例は、いくつかの主要な利点を示しています。 

パフォーマンスの測定

カスタマイズ可能なダッシュボードを使用すると、特定の KPI を設定して、複数の領域や部署間にわたって業績を確認するために必要な情報を追跡することができます。グループが目標を達成しているかどうか、マーケティング戦略が予期したとおりに機能しているかどうか、またはレストランで最も人気のある料理が何であるかを把握したい場合があります。 

データの透過性とアクセシビリティ 

ダッシュボードはさまざまな種類のデータをまとめ、バックエンド データにアクセスできるかどうかにかかわらず、誰もが理解できるような方法で主要なメトリックや分析情報を表示します。潜在的なデータ サイロを取り除くことで、組織内の誰もがさまざまな領域のパフォーマンスを可視化して、ビジネスの向上に貢献するための能力を発揮できるようになります。 

俊敏性

ダッシュボードは、ビジネスにおける変化を肯定的なものも否定的なものも含めて、多くの場合、リアルタイムで検出できるように設計されています。新しい変化が発生した場合は、その都度必要に応じてすばやく軌道を修正したり、最新トレンドを先取りしたりする機会が与えられます。 

予測

人工知能 (AI) を活用した予測分析をダッシュボードに埋め込むと、ビジネスの将来を形成するための強力なツールを生み出すことができます。ダッシュボード、特に AI を活用したものは、履歴データを比較して軌道について理解し、より正確な売上予測の作成、より戦略的な担当地域の計画、各部署が目標を達成するための適切な道のりの判断を行う上で役立ちます。 

KPI の重要性

KPI は、ダッシュボード アーキテクチャにとって重要な部分です。次に取る最善のステップを知るには、現時点を把握する必要があります。ダッシュボードの KPI を選択する際は、主要な疑問の回答に役立つものだけを選択します。選択するものが多すぎるとデータが希薄になり、少なすぎると正確な状況を把握できなくなります。 

ダッシュボードの例

データ ダッシュボードを使用すると、価格が適切であるかどうかから、営業チームの売上に至るまでのビジネスのあらゆる要素を理解することができます。次に、ダッシュボードのいくつかの例と、関連する KPI を追跡するために提供されている情報の種類を示します。 

従業員ダッシュボードの既定の画面の埋め込み

従業員ダッシュボード

  • 時間単位で終了する顧客サポートまたは IT チケット 

  • チームメイトごとの請求対象プロジェクト時間 

  • チームが特定のプロジェクトの完了にかかった時間 

営業ダッシュボードの既定の画面の埋め込み

営業ダッシュボード

  • 前年と比較したセールス ファネル 

  • 営業パイプライン合計額 

  • 成約までの平均時間 

財務ダッシュボードの既定の画面の埋め込み

財務ダッシュボード

  • 利息、税、減価償却、または償還前の収益 

  • オペレーティング キャッシュ フロー

  • 正味利益率

ダッシュボードの多くの優れた例は、毎日のビジネス上の意思決定に役立ちます。たとえば、従業員ダッシュボードは、特定のプロジェクトの残業時間を削減するために追加のリソースが必要であことを示したり、財務目標を達成するには特定の製品を販売するためのアプローチを変更する必要があることを示したりする場合があります。 

有効なデータ ダッシュボードを作成する方法

有効なデータ ダッシュボードには戦略と配慮が必要です。ダッシュボードは非常に具体的な目的に使用されるため、選択するデザインと KPI がどちらも重要になります。ダッシュボードの有効性を向上させるために以下のベスト プラクティスを検討してください。 

リアルタイム データを使用する

多くのダッシュボード ツールは、組織または特定の作業グループ間で共有するデータをリアルタイムで取得したり、分析をモバイル アプリケーションに埋め込み、従業員が必要なときに必要な場所で利用できるようにする自動化拡張機能を提供しています。 

対象ユーザーについて知る

ダッシュボードは、誰もが簡単にその情報を把握できるものでなくてはなりません。たとえば、ある部署では正確な数字が必要である一方、別の部署では傾向を確認する必要がある場合があります。最善の判断を行ってください。 

一貫性を保つ

ダッシュボードでのナビゲーションを容易にするには、機能、フィルター、色、スタイルに一貫性を持たせます。ダッシュボードの外観を一貫したものにすると、ユーザーが情報をより速く見つけられるようになります。 

データを論理的にグループ化する

類似のデータをまとめると、特に異なる部署の異なるユーザーが同じダッシュボードを使用している場合に、ユーザーが情報をより簡単に操作できるようになります。 

避けるべきダッシュボードに関する誤り

データ ダッシュボードが目標を達成するために、次に示すような一般的なデータ ダッシュボードの落とし穴を回避してください。 

  • ダッシュボードに対して明確な目標を作成しない 

  • 1 つのダッシュボードに多すぎる KPI を実装する 

  • 低品質のデータを使用する 

  • 誤った種類のグラフまたはチャートを使用してデータを表す 

  • 1 つのダッシュボードで多すぎる情報を表示する 

  • 雑然としたデザイン、混乱を招くデザイン、または利用しづらいデザインを使用する 

ダッシュボード ソフトウェアに求める機能

ビジネスに適したダッシュボード ツールを選択するには、必要な分析情報の種類を把握している必要があります。ダッシュボードのオプションの評価を開始するにあたって、以下の質問を使用してください。 

  • このツールを使用するために前提条件のスキル (コーディングなど) は必要か。 

  • このツールでのデータの分析はどの程度困難か。 

  • このソリューションはデータをどのように保護するか。 

  • これはデータのビジュアル化にどのように役立つか。 

  • このソフトウェアは既存のツールとプロセスで機能するか。 

ダッシュボード ソリューションのニーズを十分に理解したら、最適な機能を提供するソリューションを検討します。多くの優れたダッシュボード ツールは、データのビジュアル化、カスタマイズ、共同作業のためのさまざまなオプションを提供する一方で、異なるオペレーティング システムでデータを最大限に活用できるようにします。 

ビジネスがチャンスを先取りできるように、プロセスの各部分に AI を導入するダッシュボード ツールを検討してください。インテリジェクト、つまり "スマートな" ダッシュボード ソフトウェアは、予測分析、リアルタイム データ、データ サイエンス プロセス、ドリルダウン機能、さらにはリスク警告などを可能にします。これらの最新の機能は、データをより深く、迅速に理解するのに役立つほか、データ駆動型の組織となるよう支援します。 

インテリジェント データ ダッシュボードのシナリオ

スマート ダッシュボードを使用すると、過去のデータだけでなく、データの変化に伴い、リアルタイムでデータをビジュアル化して実装することができます。高度な AI と機械学習機能が織り込まれたインテリジェント ダッシュボードは、情報をより有意義な方法で理解するのに役立ちます。AI がデータの利用方法を強化できる、いくつかのシナリオを確認してください。 

正確な予測

予測分析によって将来を見ることはできませんが、これは市場の潜在的な変化、消費者の行動、特定可能なビジネス リスクを予測するのに役立ちます。このような分析情報は、情報に基づいた意思決定を行い、次に行うべきことを準備し、それに応じて時間、労力、資金を投資できるようにします。 

プロセスの自動化

ビッグ データを処理するには、できる限りの助けが必要です。インテリジェント ダッシュボードは、データの検出、準備、レプリケーション、収集、レポート、データ ウェアハウスのメンテナンスに関するプロセスを自動化します。これにより、ユーザーは手動でデータを操作し、分析することが不要になるため、より正確な情報が得られ、時間を大幅に節約できます。 

適切なソリューションの選択

どのデータ ダッシュボード ソリューションを選択するにしても、軌道を外れずに目標に到達するために必要な、明解なデータを提供するものを選択してください。これでダッシュボードのパワーと、それを効果的にするために必要なことについて理解できたので、次のステップに進む準備が整いました。主要なデータ ダッシュボード ソリューションである Microsoft Power BI について今すぐご確認ください。