オフィスにいる女性

ビジネス インテリジェンスとは何ですか?

ビジネス インテリジェンス (BI) を使うと、組織は過去のデータや現在のデータを分析できるため、戦略的な決定を下すための実用的な分析情報をすばやく見つけることができます。ビジネス インテリジェンス ツールは、複数のソースから得られた大規模なデータ セットを処理し、わかりやすく共有できるビジュアル形式で結果を表現することにより、これを実現します。

ビジネス インテリジェンスのしくみ

組織のあらゆるユーザーが使えるような消化しやすい分析情報に生データを変えるため、ビジネス インテリジェンスが従う 4 つの重要なステップがあります。ステップ 1 ~ 3 (データ収集、分析、ビジュアル化) は、最終的な意思決定ステップのためのステージを定めます。BI を使う前、企業は分析の多くを手動で行っていましたが、BI ツールによって多くのプロセスが自動化され、時間と労力を節約できます。

ステップ 1: 複数のソースからデータを収集して変換する

ビジネス インテリジェンス ツールは通常、抽出、変換、読み込み (ETL) 手法を使って、複数のソースから得られた構造化データと非構造化データを集約します。その後、このデータは変換および再モデリ化されてから中央の場所に保存されるため、アプリケーションはデータを簡単に分析して、1 つの包括的なデータセットとしてクエリを実行することができます。

ステップ 2: 傾向と不整合を見つける

通常のデータ マイニングやデータの検出は、自動化を利用してデータをすばやく分析し、発見した傾向や外れ値からビジネスの現状に関するインサイトを提供します。また、多くの BI ツールは、さまざまな種類の データ モデリング と、探索、説明、統計、予測に対応した分析を備え、より詳細なデータの調査、トレンド予測、推奨の作成を実現します。

ステップ 3: データのビジュアル化を使って結果を表現する

ビジネス インテリジェンス レポートは データのビジュアル化 によって、調査結果の理解と共有を容易にします。 レポート方法には、対話型の データ ダッシュボード、チャート、グラフ、マップなどがあり、ビジネスの現状をユーザーが即座に把握できるようにします。

ステップ 4: 分析情報に基づいてリアルタイムに行動する

ビジネス活動のコンテキストで現在および過去のデータを表示することにより、企業は分析情報からアクションにすばやく移行できます。ビジネス インテリジェンスにより、リアルタイムの調整と長期的な戦略変更が可能になるため、非効率的な業務をなくして市場の変化に適応し、供給の問題を修正して顧客の問題を解決することができます。

企業がビジネス インテリジェンス ツールを使うメリット

ビジネス インテリジェンス ツール は情報分析と業績評価にかかる時間を短縮するため、企業が非効率的な業務を減らして、潜在的な問題にフラグを立て、新しい収益ストリームを発見し、未来の成長分野を特定する際に役立ちます。

企業が BI を使うメリットは次のとおりです。

  • 業務プロセスの効率向上。

  • 顧客の行動と買い物パターンに対する分析情報。

  • 営業、マーケティング、財務パフォーマンスの正確な追跡。

  • 過去および現在のデータに基づく明確なベンチマーク。

  • データの異常や顧客の問題をすぐに警告。

  • 複数の部門間でリアルタイムで共有できる分析。

これまで、ビジネス インテリジェンス ツールは主にデータ アナリストと IT ユーザーによって使用されていました。現在では、セルフ サービス BI プラットフォームによって、経営陣から運用チームまで、あらゆるユーザーがビジネス インテリジェンスを利用できるようになりました。

ビジネス インテリジェンスによって、次の 6 つの重要な分野で作業方法が改善されます。

カスタマー エクスペリエンス

1 か所にまとめられたすべての顧客情報にアクセスできるため、顧客エンゲージメントとサポートにプラスの影響を与える重要な分野にリソースを充てることができます。

販売とマーケティング

営業とマーケティングのパフォーマンス、消費者の行動、購買傾向を把握することで、将来のマーケティング イニシアティブの効果を高めて収益を高めることができます。

オペレーション

日常的な分析タスクの自動化、プロセスの微調整、非効率的な業務の削減、生産性の向上により、業務を改善できます。

財務

カスタム ダッシュボードを使って、会社の財務健全性の全体像の把握、過去のデータの調査、リスクの計算、傾向の予測が可能になります。

在庫管理

データ分析とレポート作成を自動化し、在庫管理の強化、フルフィルメントの迅速化、購買傾向の予測が可能になります。

セキュリティとコンプライアンス

データを一元管理して正確性と透明性を高めることにより、エラーやセキュリティの問題の発券、コンプライアンス リスクの軽減が容易になります。

ビジネス インテリジェンス ツール を評価する際は、セキュアかつコンプライアンスに準拠して、グローバルに利用できる、信頼性の高い製品を見つけましょう。さらに、データのビジュアル化、共有ダッシュボード、人工知能、機械学習など、BI インサイトを組織全体と共有するための機能も必要です。

「重要な意思決定者に仕事に必要なメトリックを提供することで、霧の中から抜け出すことができ、回答を得るためにデータと格闘する必要はありません。柔軟性、双方向性 …ただ飛び込むだけです。」

Daksha R

Manager, Clinical Research Analytics

実際のビジネス インテリジェンスの例

ビジネス インテリジェンスの応用の仕方は、企業によってもセクター (金融、小売と消費財、エネルギー、テクノロジ、政府、教育、医療、製造、プロフェッショナル サービス) によっても異なります。 ここでは、さまざまな業界がどのようにビジネス インテリジェンスを使って成功を収めているかについて説明します。

金融サービス | Metro Bank

Metro Bank は、ビジネス インテリジェンスを使ってあらゆるデータ ソースを接続し、IT スタッフだけでなくビジネス ユーザーもレポートや BI ソリューションを作成できるようにして、ビジネスの俊敏性と対応力を高めています。カスタマー サービス、オンライン バンキング、支店スタッフ配置は、BI ツールを使って効率を向上させたチームのほんの一例です。

医療 | Cerner

Cerner は、構成管理システムをクラウドに開発することにより、資産および構成管理インベントリに関する信頼できる 1 つのソースを同社の IT 事業運営チームに与えました。従業員は、仕事のパフォーマンスを高め、資産の管理だけでなくコードの革新と展開に時間をかけることができるようになりました。

製造業 | Cummins

Cummins は、アドバンスド アナリティクスを含めつつ、レポート作成のガバナンスと自立性のバランスを取るソリューションを必要としていました。また、セルフサービスの精神を維持しながら、データの保存、アクセス、管理の方法と場所を IT がより細かく制御できる、費用対効果に優れたソリューションも必要としていました。

その他の成功事例を読む

ビジネス インテリジェンスの概要

お客様の組織で Microsoft Power BI などのビジネス インテリジェンス ツールを使って作業効率を高め、社内のすべてのユーザーがデータに基づく決定を下すことができるようにする方法を説明します。