ノート PC を見ている男性と女性

ビジネス インテリジェンス ツールを評価する際に尋ねる 12 の質問

会社に適切なビジネス インテリジェンス (BI) ツールを選択するには、似たような機能を持つオプションが多くあるため時間がかかることがあります。ビジネス インテリジェンス ソフトウェアなどのツールを評価する際は、ビジネスでの必要性を明確に把握し、選択結果の見直しに役立つ一連の基準を明確にすることがスマートな戦略となります。

これらの 12 の質問は、ビジネスに適した BI ツールを選択するのに役立ちます。

1. このツールは私のデータに使えますか?

BI の主要な機能は、意思決定のためにデータを分析することであるため、これは重要な質問です。ビジネス インテリジェンス ツールを評価するときは、ご自身のデータについて詳しく知る必要があります。構造化データと非構造データのどちらですか? またはその両方ですか? ビジネス インテリジェンス ソフトウェアにより、分析はオンプレミス、クラウドのどちらに展開されますか? それともハイブリッドですか? どのようなビルド済みコネクタが提供されますか?

このような質問の回答を把握しておくと、既存のすべてのシステムと簡単に接続し、さまざまなソースのデータを標準化する機能が BI ツールに備わっているかどうかを評価できるため、将来データ管理製品を追加購入する必要がなくなります。さらに、データ アクセスと分析もすばやく正確になります。

2. 既存のビジネス ツールおよびソフトウェアで使用できますか?

データ統合と同様、BI ツールは、Microsoft Excel などのユーザーが使い慣れたソフトウェアとシームレスに連携します。BI ソフトウェアと連携する必要がある一般的なツールの一覧を作成します。ビジネスで定期的に使っているサードパーティ製アプリ、プラグイン、拡張機能、コネクタを忘れずに含めてください。

3. 必要なセキュリティとコンプライアンス機能が提供されますか?

これは、特に財務サービスや医療など、規制のある業界の場合、ビジネス インテリジェンス ツールを評価する際に考慮する必要がある重要な要素です。BI ソフトウェアに次の機能が含まれていることを確認してください:

  • IT が管理されたセキュアな環境を作成できるようにします。
  • データの品質と一貫性を維持するための管理ツールを提供します。
  • BI 分析ツールに情報を供給する前にデータ クレンジングを有効にします。
  • 他の種類のファイルにエクスポートされた場合でも保持されるデータ保護を提供します。
  • アクセスと暗号化に関する組織のポリシーおよび手順をサポートします。
  • 分析情報とコンプライアンスを強化できるように位置情報データを配信します。
  • 重要なコンプライアンス プロセスを自動化します。
  • データを安全に保存してアーカイブします。

4. このツールはどのようにしてさまざまな種類のユーザーをサポートしますか?

ビジネス インテリジェンス は、汎用性が高く組織全体で使用できるため、多くの企業は、技術者ユーザーと技術者以外のユーザーに適したセルフサービス ツールとエンタープライズ BI ツールの両方を組み合わせています。

あらゆる部署の関係者と話をし、どのように BI を使うことになるかを正確に調べ、セルフサービス機能とエンタープライズ機能のどちらに、または両方に重点を置く必要があるかを確認します。ビジネス運営から IT まで、すべてのユーザーのニーズに合わせて拡張でき、どちらのタイプの BI ソリューションも含まれている単一のツールをお勧めします。

セルフサービス BI

  • あらゆる業務分野の従業員に適切である。
  • 分析を構築するのに技術的なスキルが必要ない。
  • AI が支援する自動化と分析情報の機能を備えている。
  • インターフェイスには、ドラッグ アンド ドロップ、フィルター、ドリルダウン、計算フィールドなど、ユーザーが利用しやすい機能がある。

エンタープライズ BI

  • 分析チームがデータを詳しく調査するためによく使っている。
  • 高度な管理および展開の制御が可能である。
  • ビッグ データのサポートとオンプレミスのレポート作成が含まれている。

5. データのビジュアル化機能とは何ですか?

データのビジュアル表現は、ビジネス インテリジェンスの重要な要素であり、デモや試用期間中に時間をかけて詳しく確認する必要があります。

まず、ツールに備わっているデータ ダッシュボードを調べて、組織が新しい分析情報を導き出すのにどのように役立つかを確認します。これらのダッシュボードは、さまざまなユーザーが毎日使うため、問題をすばやく特定して解決できるような方法でデータが視覚的に表示されなければなりません。

次に、データのビジュアル化 とデータ ストーリーテリングを通じて結果がどのように表示されるかを調べます。これらの機能は通常、チャート、グラフ、マップを使って、スプレッドシート上ではわかりにくい分析情報を浮かび上がらせます。優れた データのビジュアル化ツール には、ユーザーに技術的なスキルがなくてもデータを複数の方法で調査および表現できる直感的なインターフェイスが備わっています。

6. 組織全体で簡単に分析情報を共有できますか?

ビジネス インテリジェンスの主な利点の 1 つは、分析情報を共有することでアクションを促すことです。評価の一環として、ユーザーがどのようにしてレポートを更新、カスタマイズ、共有できるかを調べましょう。

たとえば、ユーザーがソフトウェアで直接注釈を付けたり、レポートをメッセージおよびコラボレーション ツールにすばやく埋め込んだり、組織内外に結果を配布するアクセス許可を設定したりできる BI ツールもあります。

最後の点として、定期的なスケジュールされたレポートやデータの予期しない変更についてユーザーに通知する自動コミュニケーション (メールやアラートなど) がツールでどのように処理されるかを忘れずに調べてください。

7. このツールは外出先で利用できますか?

モバイル機能があれば、データにリアルタイムでアクセスでき、リモートで作業しているときにオンザフライでデータに基づく決定を下すことができます。現場や離れた場所で作業している従業員と話し、必要なモバイル アクセスのレベルを確認してください。ダッシュボードやレポートの基本的な表示から、モバイル ツールを使った分析の作成と編集まで、さまざまなレベルが考えられます。ツールの機能が会社の全体的なモバイル戦略に沿っていることを確認してください。

8. 当社の予算とビジネス モデルに合った価格構造ですか?

ソフトウェアの価格構造は、ユーザー単位のプランからサブスクリプション モデルまで多岐にわたります。予算を念頭に置きながら、現在のユーザー数や今後のビジネスの成長を考慮に入れてください。

機能や更新プログラムを追加する方がコストがかかる可能性があるため、必ず、組織に必須の機能と妥協できる機能を把握してください。

目標は、組織に必要なスケールでビジネス インテリジェンス ツールを提供し、組織と共に拡張できる柔軟性を備えている、費用対効果に優れたソリューションを見つけることです。

9. どのような種類のトレーニングおよびカスタマー サービス サポートが提供されていますか?

どのようなビジネス インテリジェンス ツールでも、導入時や新機能の追加時にはトレーニングとサポートが必要です。利用できるトレーニング オプションについて検討しましょう。トレーニングは含まれていますか? それとも社内で実施する必要がありますか? 複数の拠点にまたがる従業員にトレーニングを実施する必要がある場合、オンライン クラスは実施できますか? ソフトウェア更新プログラムにはどのような種類のトレーニングが提供されますか?

従来のトレーニングや教育に加えて、ユーザー コミュニティで他のユーザーや製品のエキスパートからヒントとアドバイスが得られる場合があります。ビジネス インテリジェンス ツールを選択する前に、トレーニングとサポートの提供に役立つフォーラム、ブログ、ユーザー グループを探してみましょう。

最後に、製品サポートの提供方法を理解しているかどうかを確認してください。サポートは無料か有料か、提供される時間と曜日、オンライン、チャット、電話のどれで利用できるかを調べましょう。

10. そのベンダーは安定した評価を得ていますか?

ビジネス インテリジェンス ベンダーの評価は、ツールの機能の確認と同じように重要です。時間を取ってベンダーの評判と安定性を調べ、長期的な存続可能性があり、継続的なサポートを提供できることを確認します。ベンダーを選択する際には、組織の現在のニーズと将来のニーズに対応できる広範な製品を提供している業界リーダーを探してください。

11. 他の企業はこのソフトウェアをどのように使っていますか?

BI ツールを評価するときは、会社の規模や業界に基づいてお客様事例やケース スタディを探してください。顧客の課題と解決策を調べると、自社と同様の企業にとってそのツールが効果的であるかどうかを的確に判断できます。また、他の組織の成功事例を読むと、ビジネス インテリジェンスを使う新しい方法を発見できることもあります。

12. 無料試用版は入手できますか?

これらのすべての機能 (統合からコラボレーションまで) は、すべてのユーザーが簡単に使える必要があるため、実際にツールを試しすことができる試用版を探してください。可能であれば、さまざまな機能領域にユーザーがツールを試せるようにし、フィードバックを得てください。これは、組織にとってビジネス インテリジェンス ツールが適切であるかどうかを確認する最も簡単な方法です。

ビジネス インテリジェンス ツールの調査を開始する

指針となる質問を確認したので、Power BI などの BI ツールを評価し、ビジネスとユーザーのニーズに最も適合するソフトウェアを見つける準備ができました。