タブレット デバイスを見ている人物。

データ ストーリーテリングとは

データ ストーリーテリングとは、ストーリーが伝えるメッセージを裏付けするのに役立つ複雑なデータや分析情報に基づいて、説得力のある説明を作り上げ、特定の対象者に影響を与えたり情報を提供したりする概念です。データ ストーリーテリングは人間によるストーリーテリングとよく似ていますが、グラフや表を通じてより深いインサイトや裏付けとなる証拠を示すことができるメリットがあります。効果的なデータ ストーリーテリングには、以下のようなメリットもあります。

  • 企業が対象者の要望とニーズを知るのに役立ちます。

  • 未知のプロセスのリスクへの暴露を排除します。

  • 業界およびトピックのオピニオン リーダーとしての信用をもたらします。

データ ストーリーテリングでは複雑な情報が単純化されるため、対象者はコンテンツに向き合い、より迅速にかつ自信を持って重要な決定を下すことができます。

データ ストーリーテリングのメリット

人に行動を起こさせるデータ ストーリーを作成することは、非常に強力なツールになります。効果的なデータ ストーリーテリングは、人や組織にプラスの影響を与えることができます。優れたデータ ストーリーテリングのメリットには、以下のようなものがあります。

  • データとインサイトに価値を付加する。

  • 複雑な情報を解説して、重要なポイントを対象者に強調する。

  • データに人間味を与える。

  • 対象者や業界のために価値を提供し、潜在的な影響力を行使する。

データ ストーリーの価値を確保する

優れたデータ ストーリーテリングとは、収集した生データをすべて分析して仮説を確認し、うまくいけばデータ ストーリーを導入して、目的に沿った変化を導き出す手法です。

すべてのデータを確認してから、ストーリーに着手します。自分の意見を裏付けるデータ セットばかりを選びたくなることもありますが、全体像を見るようにしてください。データが示している内容に注目し、適切なツールを使用して明確なデータ ストーリーをチームに伝えます。使用できるデータ セットが多いと大変に感じるかも知れませんが、ストーリーをどのように伝えるかを構成する際に役立ちます。

  • 独自の見解を考える。 証明または反証したい仮定は何ですか? どのような結論をデータから導き出せるでしょうか?

  • データを収集する。ストーリーを作成するのに必要なデータを収集します。

  • ストーリーの目的を定義する。収集したデータを使用すれば、ストーリーの目的は何であるかを 1 文で書くことができるはずです。

  • 話したいことを考える。導入から結論まで、すべての大まかな内容を書きます。

  • 質問をする。仮説は正しかったですか、間違っていましたか? これらに対する回答によって、データ ストーリーの構成はどうなりますか?

  • 対象者に向けた目標を設定する。ストーリーを読んだ後で、対象者にどのような行動を取ってもらいたいですか?

自分の見解を裏付けるデータだけでなく、支持しないデータにも目を向ける必要があります。利用できるデータを 1 つ残らず追加する必要はありません。公平に自分のストーリーを導くのに役立つデータ セットを使用します。データ ストーリーは常に、ビジネスの役に立つ行動や変化をどうすれば促すことができるかを示している必要があります。

データのビジュアル化を使用してデータ ストーリーテリングを強化する

データのビジュアル化 は、対象者が複雑な情報をどの程度すぐに理解できるかを決める重要な役割を果たします。データのビジュアル化は、膨大な量のデータをよりシンプルで分かりやすいものに変換するのに役立ちます。これにより、ストーリーを裏付けるために必要なビジュアルを提供することができます。効果的なデータのビジュアル化は、以下のような点で役立ちます。

  • パターン、傾向、調査結果を公平な視点から明らかにします。

  • コンテキストを加え、結果を解説してインサイトを明確に示します。

  • データを整理して、対象者が情報を処理できるようにします。

  • 対象者のエンゲージメントを深めます。

これらの調査結果やインサイトは、データ ダッシュボードを使用するとより容易に理解できます。

データ ダッシュボードを使用してビジュアルを見せる

データ ダッシュボード は、情報の管理とビジネス インテリジェンス (BI) に使用するツールです。データ ダッシュボードを使用すると、重要な情報を理解しやすい形式で単一の場所に整理して表示することにより、複雑な指標を分かりやすく解説して、データ ストーリーとその仮説の間にあるつながりを対象者が理解できるようになります。

データにダッシュボードを使用する利点は次のとおりです。

  • 過去および現在の傾向の視認性向上。

  • 将来の傾向の予測精度向上。

  • 複数のソースから主要業績評価指標を特定。

  • リアルタイムでの顧客分析。

データ ストーリーテリングの 3 つの主要素

構造化されたアプローチを取ることで、データ ストーリーテリングとデータのビジュアル化が連携し、3 つの主要素 (説明、ビジュアル、データ) を通じて自分のインサイトを伝えることができます。データ ストーリーを作成するときには、次の 3 つの要素を組み合わせて、自分の見解の包括的なエピソードと、その結果としてユーザーに望む行動を、裏付けとなるデータとともに書くことが重要です。

  1. 最初の説明を作成する

    ストーリーを伝えるときには、自分の見識を支える柱としてデータを使用する必要があります。複雑な情報を有益なインサイトに変えることで、自分の見解を対象者が理解できるようにしましょう。データ ストーリーテリングをより直線的なものにするのは、説明とコンテキストです。

  2. ビジュアルを使用して啓発する

    ビジュアルを使用すると、対象者に自分の見解を理解してもらいやすくなります。ビジュアル資源 (表、グラフなど) を説明に結び付けると、自分の見解を支える基盤となるデータを使用して、隠れたインサイトへと対象者を引き込むことができます。自分の見解を支えるデータを 1 つだけ示すのではなく、複数のデータ ピースを詳細レベルと概略レベルの両方で示すことができるため、自分の着眼点を対象者によく理解してもらうことができます。

  3. 裏付けとなるデータを示す

    人間はもともと、分析に魅力を感じないものです。説明がもたらした啓発を通して、データは具体的な裏付けを与えるために存在します。コンテキストと批評は、伝えたいことを完全に説明するために不可欠な要素です。ビジネス分析ツール を使用して、伝えたいストーリーの重要なインサイトと解釈を示すことで、本当に必要なコンテキストをデータ ストーリー全体に加えることができます。

上記の 3 つの要素を組み合わせれば、データ ストーリーは必ず対象者に感情的な反応をもたらします。意思決定において、感情は大きな役割を果たします。データ ストーリーテリングの中で、感情的なコンテキストと信頼できるデータを結びつければ、他の人に影響を与えることができます。これら 3 つの主要素が正しく統合できれば、人に影響を与えて変化を促すデータ ストーリーができます。

データ ストーリーテリングの例

データ ストーリーテリングは、コンテキストに沿った説明によってデータを示す技術です。データ ストーリーを見せる方法はいくつかあります。データ ダッシュボードには使用できるデータがすべて表示されるので、説明を作成することができます。人目を引くデータ ストーリーテリングの例をいくつか下に示します。

ダッシュボードには、中心となるすべての情報が表示されます。ダッシュボードには一部のコンテキストが表示される場合がありますが、説明を作成して点と点をつなぐ必要があります。最も重要なのはシンプルさです。短いデータ ストーリーを伝えるには、紹介文とデータに基づくグラフを 1 つ提示するのが最も早い方法です。

複数のデータのビジュアル化をつなげたもう 1 つのデータ ストーリーテリングの例では、シアトルの読者数、読者の統計データ、シアトル図書館システムに追加された本のジャンルと数を使用して、すべての小さなストーリーによって大きなストーリーを伝えています。

インフォグラフィックはデータ ストーリーテリングの 1 つの形で、視覚的に訴えかけるデータ ストーリーを簡単に示すことができます。インフォグラフィックはストーリーを伝えるのに役立つデータのビジュアル化で構成できますが、(上の例のように) たくさんの説明を示すことができない場合があります。

データ ストーリーテリングによって、情報の利用方法は変化しています

データ ストーリーテリングは、私たちがデータや分析をどのように利用するかという様相を大きく変える力を持っている可能性があると言えます。データ ストーリーテリングは、時に生データのままでは理解できない数字や統計に、人間味を与えてくれます。このプロセスの主要な部分は説明の作成ですが、強力なストーリーを作成するには、公平な視点から情報を把握して説明できなければなりません。Microsoft Power BI は、そのストーリーを伝えるのに役立ちます。

Microsoft Power BI でデータ ストーリーを始める

Microsoft Power BI は、伝えたいストーリーを作成するのに役立ちます。使いやすいダッシュボードを使用してデータを読み解き、インサイトを共有することで、ストーリーを裏付けるデータに基づいたビジュアル化を提示して、対象者により賢明な意思決定をさせることができます。自分のやり方でデータ ストーリーを伝えて組織の目標を達成し、自社のビジネスを業界のオピニオン リーダーとして確立して、対象者に影響を与え変化をもたらしましょう。